ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム金融犯罪にご注意ください! > ゆうちょBizダイレクトの不正利用に対する被害補償について

ゆうちょBizダイレクトの不正利用に対する被害補償について

ゆうちょ銀行では、お客さまのゆうちょBizダイレクトのパスワードなどが不正に取得され、不正に引き出された場合などは、2014年7月17日に一般社団法人全国銀行協会より公表された、「法人向けインターネット・バンキングにおける預金等の不正な払戻しに関する補償の考え方」も踏まえ、1事故あたり、3,000万円を上限に、お客さまのセキュリティ対策実施状況等により、個別に補償を検討いたします。

〔補償の概要〕

○対象となるお客さま:

ゆうちょBizダイレクトをご利用いただいているお客さま

○補償内容:

ゆうちょBizダイレクトのパスワード等が不正に取得され、不正に引き出された場合等に、1事故あたり、3,000万円を上限に、お客さまのセキュリティ対策実施状況等により、個別に補償を検討いたします。
なお、セキュリティ対策については、以下をご参照ください。

お客さまに実施していただきたいセキュリティ対策

  1. OSやインストールしているソフト等は常に最新の状態で使用
  2. メーカーのサポート期限が経過したOSやソフト等は使用しない
  3. ウイルス対策ソフトの導入および最新の状態への更新
    不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」を無料で提供しています。

  4. 取扱確認メールなどの送付先に業務で普段お使いのメールを登録
  5. ゆうちょBizダイレクトの1日の送金限度額を、普段ご利用される範囲の金額に変更(引き下げ)
  6. 暗証番号、確認暗証番号の定期的な変更
  7. 不審なログインや身に覚えのない取引がないかを定期的に確認
  8. パソコンや無線LANのルータ等について、未利用時は可能な限り電源を切断

※以下の事例のような場合は、検討の対象となりません。ご注意ください。

  • 正当な理由なく、他人にID・パスワード等を教えてしまった、あるいは、安易にトークン等を渡してしまった場合
  • お客さまがID・パスワード等を手帳等にメモしていたり、パソコンや携帯電話等の情報端末等に保存しており、お客さまの不注意により当該手帳やパソコン・携帯電話等が盗難等に遭う等して当該情報が盗取された場合
  • 当行が注意喚起しているにも関わらず、注意喚起された方法で、メール型のフィッシングに騙される等、不用意にID・パスワード等を入力してしまった場合
  • 当行への速やかな通知、十分なご説明、また警察への相談等が行われなかった場合
  • 当行への通知が被害日の30日後までに行われなかった場合
  • お客さまの関係者により引き出された場合
  • お客さまが被害に関する重要な事項について、偽りの説明をされた場合
  • 戦争、暴動等、著しい社会秩序の混乱に乗じた被害の場合

(参考)

ページの先頭へ