1. ホーム
  2. ESG・CSRマネジメント
  3. ESG・CSRの考え方・推進体制

ESG・CSRの考え方・推進体制

基本的な考え方

ゆうちょ銀行は、直営店や全国の郵便局ネットワーク、ATM等の金融インフラを基盤に全国で事業を展開しており、その活動は社会課題の解決に寄与するものと強く認識しています。

2021年度からの中期経営計画においては、日本郵政グループやゆうちょ銀行の経営理念に基づくミッションの実行を通して、SDGs等の社会課題解決と企業価値向上の両立を目指すことを定め、取り組んでいます。

基本的な考え方

ゆうちょ銀行では、この基本的な考え方に基づき、経営会議や取締役会の議論を経て、「サステナビリティ基本方針」を策定しています。同方針では、サステナビリティを経営上の最重要施策として推進することを定めています。

サステナビリティ基本方針

ゆうちょ銀行は、サステナビリティ推進を経営上の最重要施策と位置づけ、以下のとおり事業活動の中で重点課題(マテリアリティ)に取り組むことを通じて、中長期的に持続可能な社会的価値創出と企業価値向上の両立を目指します。

  • (1) 日本全国あまねく誰にでも「安心・安全」にご利用いただける金融サービスの開発・提供に取り組みます。
  • (2) 地域に根差した金融機関として、地域経済・社会の発展に貢献します。
  • (3) 自然と環境を守り、次世代に伝えていくため、環境に配慮した行動に努め、環境課題の解決に取り組みます。
  • (4) 人権を尊重した事業活動を行うとともに、社員が健康・安全に働きやすく、多様な個性や働き方が尊重される職場環境を確保します。
    また、自ら考え行動できる人材の育成に努め、ワーク・ライフ・バランスや働きがいが向上するよう取り組みます。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進への取り組み事項については、サステナビリティ委員会にて協議等を行うとともに、経営会議や取締役会に適時・適切に付議または報告しています。

サステナビリティ推進体制

取締役会への主なサステナビリティ関連付議事項(2020年度)

  • 重点課題(マテリアリティ)選定
  • CO2排出量削減目標設定
  • ESGテーマ型投資残高目標設定
  • TCFD提言への対応方針