ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム企業情報プレスリリース(2021年度) > ~第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクールを開催~ 約58万人の小学生の参加がありました!! その中から、入賞240点を決定!!

ゆうちょダイレクト

ログイン

新規申込・サービス内容

プレスリリース

商品・サービス

2021年12月15日

~第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクールを開催~
約58万人の小学生の参加がありました!!
その中から、入賞240点を決定!!

 株式会社ゆうちょ銀行(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 池田 憲人、以下「ゆうちょ銀行」)は、全国の小学生から手作り貯金箱を募集する「第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」を開催し、全国の小学校9,837校から580,471人もの小学生の皆さまにご参加いただきました。
 (過去の応募状況等の詳細については、別紙1をご覧ください)

 各学年から1作品ずつ「文部科学大臣賞」、「ゆうちょ銀行賞」、「ゆうびんきょく賞」が決定したほか、「審査員特別賞」、「すてきなデザイン・アイデア賞」の計240作品が入賞しました。
 (入賞作品の一部写真については、別紙2をご覧ください)

 ご参加いただいた作品1点につき10円、総額5,804,710円をゆうちょ銀行から、公益財団法人日本ユニセフ協会、独立行政法人国際協力機構(JICA)および公益財団法人ジョイセフに寄附いたします。

 なお、入賞作品240点は、2021年12月から2022年2月にかけて、全国6カ所(関東・東京・中部・関西・中国・九州)において順次展示予定としております。
 (展示会の詳細については、別紙3をご覧ください。なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえて中止する場合があります)

 多くの皆さまのご愛顧・ご協力により、1975年に始まった本コンクールは今年で46回を迎えることができました。近年、お金を取り巻く環境はめまぐるしい変化を迎えており、キャッシュレス社会の進展など、子どもたちが触れる「お金」の形も変わりつつあります。今後は、これらの環境変化も踏まえ、本コンクールがより良い形で行えるよう検討してまいります。

 ゆうちょ銀行は、今後も子どもたちの成長を応援します。

【お客さまのお問い合わせ先】
 第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール事務局
 0120-296-285
 ご利用時間 10:00~18:00
  (土・日・休日・12月30日~1月3日を除く)
※携帯電話等からも、通話料無料でご利用いただけます。
※IP電話等、一部ご利用いただけない場合があります。
ページの先頭へ
ページの先頭へ