ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム企業情報経営理念・経営戦略 > 経営戦略(中期経営計画)

経営戦略(中期経営計画)

中期経営計画(2021年度~2025年度)

 当行は、2021年度から2025年度までを計画期間とする「中期経営計画」を策定いたしました。

 前中期経営計画(2018年度から2020年度)では、厳しい経営環境下、お客さま本位の良質な金融サービスの提供、地域への資金の循環等、運用の高度化・多様化および経営管理態勢の強化に取り組み、目指す姿の実現に向けた基盤固めを着実に遂行しました。
 一方、人口減少・超高齢化社会、地域経済の縮小、デジタル革命の進展、コロナ禍を受けた新しい生活様式への変化、超低金利環境の長期化など、当行をとりまく事業環境は大きく変化しており、こうした環境変化への課題認識と当行の強み・経営資源を踏まえ新しい中期経営計画(2021年度から2025年度)を策定しております。
 中期経営計画期間を「信頼を深め、金融革新に挑戦」する5年間と位置づけ、次の5つの重点戦略を通じて、ビジネスモデルの変革と事業のサステナビリティ強化を目指します。

前中期経営計画(2018年度~2020年度)の振り返り及び中期経営(2021年度~2025年度)の基本方針

※クリックで拡大

(財務目標)

 中期経営計画期間の財務目標について、次のとおり設定しました。
当行は、この財務目標の下、約24,000の郵便局ネットワークを通じて全国のお客さまに良質な金融サービスを提供しながら、同時に収益性・効率性改善に向けた取組みにも着手してまいります。

中期経営計画期間の財務目標

※クリックで拡大

日本郵政グループ経営方針

 日本郵政グループの情報については以下のページをご覧ください。
 (日本郵政株式会社のサイトを別ウインドウで開きます)

ページの先頭へ