ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さまローン・貸付け > 貯金担保自動貸付け

貯金担保自動貸付け

商品の概要

総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保とする貸付けです。通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、その不足分が自動的に貸し付けられます(自動貸付け)。

貸付けの担保とするもの

担保定額貯金または担保定期貯金

※貯金担保自動貸付けの取扱いが停止されているものを除きます。

貸付金額の上限

預入金額の90%以内

※1冊の総合口座通帳につき300万円までです。

貸付期間

貸付けの日から2年(貸付けの日から2年以内に担保とする貯金が満期を迎える場合は、その満期までの期間)

※元利金継続(継続預入)の担保定期貯金を担保とする場合は、貸付期間の範囲内で貸付けも継続されます。

貸付の方法・回数

通常貯金の残高を超える払戻しがあったときに、その不足分が自動的に貸し付けられます(総合口座通帳には、貸付高が「現在高(貸付高)」の欄にマイナス表示で記帳されます)。貸付回数に制限はありません。

返済の方法・回数

貸付金額と貸付利子の相当額を、通常貯金に預入することで自動的に返済ができます。また、貸付期間内であれば、返済回数および1回あたりの返済金額に制限はありません。

貸付金利

  • 担保定額貯金を担保とする場合
    返済時の約定金利(%)+0.25%
  • 担保定期貯金を担保とする場合
    預入時の約定金利(%)+0.5%

利子の計算

1年を365日とする日割計算

利用上の留意事項
  • 利用のお手続きの際、本人確認書類の提示が必要な場合があります。
  • 担保定額貯金・担保定期貯金のうち、担保とする貯金が2口以上ある場合は、次の順に貸付けを行います。
    1. 貸付期間が最も長いもの
    2. 貸付金の金利が最も低いもの
    3. 個別番号の大きいもの
    ※国債等担保自動貸付けを同時に行う場合は、「担保定額貯金・担保定期貯金」、「担保国債」の順に貸付けの担保とします。
  • 担保定額貯金・担保定期貯金で、担保とされた貯金が2口以上ある場合は、次の順に返済を行います。
    1. 貸付期間が最も早く満了するもの
    2. 貸付金の金利が高いもの
    3. 個別番号の小さいもの
    ※国債等担保自動貸付けを同時に行っている場合は、「担保国債」、「担保定額貯金・担保定期貯金」の順に返済をします。
  • 貸付金額および貸付利子が貸付期間内に返済されない場合は、担保とされた貯金を払い戻し、その払戻金を貸付に係る返済に充て、残額を総合口座の通常貯金に預入します。
  • 担保定額貯金・担保定期貯金の返済時、貸付金額に相当する金額のみを通常貯金へ預入しても、貸付利子が残るため完済したことになりません。貸付利子を返済しないまま貸付期間が経過した場合は、担保とされた貯金が払い戻されるのでご注意ください。
ページの先頭へ