ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょダイレクトのご案内主な操作方法 > ゆうちょ銀行あて振替

主な操作方法(送金)

ゆうちょ銀行あて振替

※画面はすべてイメージです。実際とは異なる場合があります。

ステップ1

ステップ1

メニューの「振込・振替」を押して下さい。

ステップ2

ステップ2

ゆうちょ銀行あて振替の「送金先の選択」を押してください。

ステップ3

ステップ3

1 選択

登録している送金先口座から選択する場合、登録いただいている送金先の「選択」を押してください。

2 記号番号での入力

記号番号を入力する場合、「記号番号での入力」を押してください。

3 店名での入力

店名を入力する場合、「店名での入力」を押してください。

※「ATMで登録済の送金先口座情報を表示」を押すと、ATMで登録した送金先口座が表示されます。

ステップ4

ステップ4

送金先口座、送金金額等を入力し、内容をご確認のうえ、「次へ」を押してください。

*送金指定日欄で送金日を31日先まで指定することができます。
*ここではメールによるワンタイムパスワード認証について説明します。トークンをご利用の場合は、トークンに表示されたワンタイムパスワードを使用します。
*口座名義人名に代えて送金先口座に通知する「ご依頼人名」を指定いただくことができます。
*ご依頼人名とは別に、「メッセージ」を添えることもできます。
*送金先の口座が総合口座(記号・番号の記号が「1」から始まる口座)の場合、受入明細票の送付欄で「送付あり」を選択すると、ご送金の内容をお受取人さまへ郵送で通知します。この場合、受入明細票の送付料金が100円かかります。
*送金先の口座が振替口座(記号・番号の記号が「0」から始まる口座)の場合、受入明細票の送付の選択にかかわらず、お受取人さまへ送金内容を通知します。この場合、受入明細票の送付料金はかかりません。
*ゆうちょ銀行あて振替は、毎月5回まで送金料金が無料となります。6回目以降のご利用には、1回の振替につき送金料金が113円かかります。また、毎月の無料回数は1日の0:00頃更新されます。
*複数のメールアドレスを登録のお客さまは、ワンタイムパスワード送付先メールアドレスをご選択ください。
*2016年6月13日(月)から、総合口座をご利用で、登録済の送金先口座以外へゆうちょ銀行あて振替をされる際、1日の送金累積額が5万円以上になる場合は、当行が推奨する携帯電話・スマートフォンのメールアドレスを選択いただかないと、即時送金ができません。(トークンをご利用の場合は除く)

ステップ5

ステップ5

選択したメールアドレスあてに通知されたワンタイムパスワード(6桁の数字)を入力し、「実行する」を押してください。

ステップ6

ステップ6

内容をご確認いただき、よろしければ「はい」を押してください。

ステップ7

ステップ7

上の画面が表示されますと、ゆうちょ銀行あて振替の手続きは完了です。
結果画面が表示されない場合は、「入出金明細照会」または、「ご利用結果確認」の「送金(振替・振込・払込み)結果」でご確認ください。

ゆうちょ銀行あて振替を行った送金先口座を登録したい場合は「送金先を登録する」を押してください。
ただし、送金元口座が総合口座の場合、不正送金を防ぐため、送金先口座を登録しても、登録した日から3日後の午前10時までは、送金先選択画面に口座情報が表示されません。

ページの先頭へ