ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょダイレクトのご案内 > 照会・再発行・初期化の手続き(ログインできなくなった時など)

照会・再発行・初期化の手続き(ログインできなくなった時など)

ゆうちょダイレクトにログインできなくなったなどでお困りの場合は、以下のお手続きをお願いいたします。

インターネットによる手続き

ゆうちょダイレクト(ダイレクトサービス)のワンタイムパスワード送付先に当行が推奨する携帯電話・スマートフォンのメールアドレスを登録しているお客さまは、「合言葉」、「ログインパスワード」、「お客さま番号」を忘れた場合、または一定回数以上誤って入力し、ロックがかかってしまった場合、インターネット上で各種お手続きが可能です。

当行が推奨する携帯電話・スマートフォンのメールアドレスは、以下のページでご案内しています。

お手続き お手続きの流れ
インターネット上で登録された合言葉を初期化し、再度、合言葉を登録していただくことで、すぐにダイレクトサービスのご利用を再開できます。(ロック解除を行います。)
インターネット上で新たなログインパスワードを登録していただくことで、すぐにダイレクトサービスのご利用を再開できます。(ロック解除を行います。)
インターネット上でお客さま番号を照会し、確認いただくことで、すぐにダイレクトサービスのご利用ができます。

郵送による手続き(ダイレクトサービスをご利用の場合)

ゆうちょダイレクト(ダイレクトサービス)のワンタイムパスワード送付先に当行が推奨する携帯電話・スマートフォンのメールアドレスを登録していないお客さまは、「ゆうちょダイレクト諸届・諸請求書」による書面でのお手続きが必要です。
「ゆうちょダイレクト諸届・諸請求書」と「送付用封筒」を下記のページからダウンロードしてください。お手続きの流れは、ページ下部に記載しています。

「ゆうちょダイレクト 諸届・諸請求書」にチェックする項目とその後の手続きの流れは、以下の表でご案内しています。

お客さまの状態 チェックする項目 お手続き完了後の流れ
  • 合言葉が不明
  • 合言葉の誤入力でロックされた
お客さまが設定された合言葉の初期化請求 画像・合言葉が初期化されるとともに、ロックが解除されます。
ゆうちょダイレクトにログインする過程で、画像・合言葉の登録画面が表示されます。
  • ログインパスワードが不明
  • ログインパスワードの誤入力でロックされた
  • 「利用停止してログアウト」した後、停止解除(ログイン)できない
ログインパスワード照会
(利用停止解除請求)
ログインパスワードが発行されるとともに、ロックが解除されます。
お客さま番号、通知されたログインパスワードを入力してログインします。
※お客さまの設定しているログインパスワードがそのまま通知されます。
  • ダイレクト暗証番号が不明
  • ダイレクト暗証番号の誤入力でロックされた
(ダイレクトサービス)
暗証番号照会
再登録用ワンタイムパスワードが発行されるとともに、ロックが解除されます。
ダイレクトトップの「暗証番号変更」を押した後、通知された再登録用ワンタイムパスワードおよび新たに設定する暗証番号を入力します。
※一度もゆうちょダイレクトにログインしていない場合は、初回ログイン時に通知したワンタイムパスワードを入力してください。
※暗証番号照会中は、暗証番号が無効になっているため、ダイレクト暗証番号を使用するお手続きはできません。
※再登録用ワンタイムパスワードの有効期限は90日です。再登録するまでは暗証番号が無効になっておりますので、早めのお手続きが必要です。
  • お客さま番号が不明
「ゆうちょダイレクト利用者カード」再発行請求 ゆうちょダイレクト利用者カードに記載されたお客さま番号をログイン画面で入力します。
※お客さま番号は変わりません。
  • 登録済みのメールアドレスが使用できず、各種取扱いができない
登録されているメールアドレスの初期化請求 ゆうちょダイレクトにログインする過程で、メールアドレス登録画面が表示されます。
  • Webかんたん利用申し込みを行った後、紛失や期限切れ、または一定回数誤入力したことにより制限解除用パスワードが無効となった(ゆうちょダイレクト画面に再発行ボタンが表示されない方)
「制限解除用パスワード」再発行請求 ゆうちょダイレクトにログイン後、「制限解除用ワンタイムパスワード」を入力し、「ダイレクト暗証番号」を設定します。
※初回に発送したパスワードとは異なるパスワードが送付されます。
※制限解除用パスワードの有効期限は90日ですので、早めのお手続きが必要です。
  • 登録済みの携帯電話が使用できず、新たに使用する携帯電話でログインできない(ワンタイムパスワードを確認できる場合は、パソコン・スマートフォンから解除可能です)
携帯電話の登録解除請求 ゆうちょダイレクトにログインする過程で、携帯電話登録画面が表示されます。
  • 紛失等して利用停止していたトークンが見つかり、再度利用したい
トークン利用停止の解除請求 ゆうちょダイレクトにログイン後、トークンをご利用いただけます。

郵送による手続き(テレホンサービスをご利用の場合)

「ゆうちょダイレクト諸届・諸請求書」と「送付用封筒」を下記のページからダウンロードしてください。

チェックする項目とその後のお手続きの流れは、以下の表でご案内しています。

お客さまの状態 チェックする項目 お手続き完了後の流れ
  • 暗証番号が不明
  • 暗証番号の誤入力でロックされた
(テレホンサービス)
暗証番号照会
暗証番号を発行するとともに、ロックが解除されます。
音声ガイダンスに沿って、暗証番号を入力し、サービスを利用します。
※お客さまの設定している暗証番号がそのまま通知されます。
  • 利用番号が不明でテレホンサービスでゆうちょ銀行あて振替(電信振替)が利用できない
  • 利用番号の誤入力でロックされた
「ゆうちょダイレクト(テレホンサービス)利用番号のご案内」再発行請求 利用番号を発行するとともに、ロックが解除されます。
音声ガイダンスに沿って、通知された利用番号を入力し、ゆうちょ銀行あて振替(電信振替)を行います。
※利用番号は変わりません。

郵送による手続きの流れ

ステップ1

「ゆうちょダイレクト諸届・諸請求書」と「送付用封筒」を下記のページからダウンロードしてください。

※プリンターをお持ちでない方、PDFファイルがご利用になれない場合などは、「ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口(簡易郵便局は除く)」に用意しております「ゆうちょダイレクト諸届・諸請求書」をご利用ください。

ステップ2

記入例を参照のうえ、「ゆうちょダイレクト諸届・諸請求書」を記入し、お届け印を押印してください。

ステップ3

お届け印を押印した「ゆうちょダイレクト諸届・諸請求書」を「送付用封筒」に入れ、封をして切手を貼付のうえ、お近くの郵便ポストへ投函してください。

※「ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口(簡易郵便局は除く)」でも受け付けております。その際は、「送付用封筒」および切手の貼付は不要ですが、通帳(総合口座の場合)、お届け印および名義人さまであることが確認できる本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)をあわせてお持ちください。

ステップ4

貯金事務センターから、ご照会内容(簡易書留郵便)または完了通知(普通郵便)をお届けの住所にお送りします。

※郵便ポストへ投函後、5営業日程度かかります。

ステップ5

届きましたご照会内容または完了通知をご確認いただき、操作を行ってください。

おことわり

ログインパスワード、ダイレクト暗証番号、お客さま番号、合言葉や利用番号については、お客さまのご利用における安全性を考慮し、電話や電子メールでは一切お答えしておりません。

ページの先頭へ