ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム各種お申込み・お手続き海外関連サービス > 国際送金(住所あて送金・口座あて送金・口座間送金)

国際送金(住所あて送金・口座あて送金・口座間送金)

窓口で国際送金をお申し込みいただく場合の必要書類は以下のとおりです。

お手続きに必要なもの

口座間送金
  • 国際郵便振替請求書(口座間送金用)
  • 総合口座通帳またはキャッシュカード
  • お届け印
  • 本人確認書類(取引時確認未済の口座の場合のみ)
  • マイナンバーが記載されている書類(マイナンバー登録未済の口座の場合のみ)

取引時確認、マイナンバーの届け出がお済みの口座からの口座間送金については、都度の確認は不要です。

口座あて送金
  • 国際送金請求書兼告知書(口座あて送金用)
  • 本人確認書類(送金人および告知者)※1
  • マイナンバーが記載されている書類(告知者)※1
住所あて送金
  • 国際送金請求書兼告知書(住所あて送金用)
  • 本人確認書類(送金人および告知者)※1
  • マイナンバーが記載されている書類(告知者)※1
  • 送金目的によっては許可証等の提示をお願いすることがあります。
  • お申し込みの受付後に送金目的を確認できる資料や、受取人さまとの関係を確認できる資料のご提出をお願いすることがあります。この場合、送金の実行までに通常よりもお時間をいただきますので、あらかじめご了承ください。
    なお、確認の結果、送金を実行できない場合があります。その場合は送金資金および料金はお返しします。
  • 「告知者」とは、内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律(調書提出法)に基づき告知を行っていただく方を指します。

高額な国際送金をお申し込みいただく際のお願い

窓口において高額な国際送金をお申し込みいただく場合、事前に送金内容の審査を行い、事前審査実施後にお申し込み(本申込み)いただきます。

【事前審査の流れ】
事前審査の流れ イメージ

  • 仮受付の時点では、お客さまから送金金額、料金はお預かりいたしません
  • 送金目的が不明確な場合や資料等の追加提出が遅れた場合等は、さらにお時間をいただくことがございます
  • 審査の結果、お申し込みをお断りする場合がございます
  • 為替レートは、本申込みの際のレートが適用されます
  • 送金日数の目安は、お申込日+4~6日程度ですが、受取銀行の事情等により大幅に遅延することがございます
補足事項

振替口座からの口座間送金は、あらかじめご指定いただいた郵便局またはゆうちょ銀行のみお取り扱いできます。
代理人に委任する場合には、上記の必要書類以外に委任状が必要となる場合があります。

ページの先頭へ