ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム料金一覧:振替 > ゆうちょ商品・サービスの見直し等に関するお知らせ

ゆうちょ商品・サービスの見直し等に関するお知らせ

各種送金サービスの料金改定について

 2019年4月1日から、各種送金サービスの料金を下表のとおり改定いたします。

自動払込み

旧料金※1
(2019年3月31日まで)
公共料金等扱い 帳票以外 10円
帳票 30円
一般扱い 帳票以外 25円
帳票 51円
新料金※1
(2019年4月1日から)
公金等扱い※2 ゆうちょBizダイレクト等※3 10円
帳票※4 30円
公共料金扱い※2 料金受取人
(加入者)負担
ゆうちょBizダイレクト等※3、※5 年間1,000万件以上 16円
年間100万件以上 22円
年間10万件以上 27円
年間10万件未満 32円
帳票※4 97円
料金送金人
(払込人)負担
ゆうちょBizダイレクト等※3 32円
帳票※4 97円
一般扱い 料金受取人
(加入者)負担
ゆうちょBizダイレクト等※3、※5 年間1,000万件以上 32円
年間100万件以上 38円
年間10万件以上 43円
年間10万件未満 54円
帳票※4 130円
料金送金人
(払込人)負担
ゆうちょBizダイレクト等※3 54円
帳票※4 130円
  1. 料金には消費税(地方消費税を含みます)が含まれます(2019年3月現在)。 受取人(加入者)様が料金を負担する場合は、送金人(払込人)様からは料金をいただきません。2022年4月1日から、別途契約料金・月額料金が発生します(公金等を扱う団体等を除く)。
  2. 公金等扱いおよび公共料金扱いの対象となる払込みについて、詳しくは、お近くのゆうちょ銀行へお問い合わせください。
  3. ゆうちょBiz ダイレクト、インターネット伝送、データ伝送およびDVDによる払込データ等の提出方法が対象です。
  4. 新規のお申し込みは受け付けておりません。
  5. 年間取扱件数に応じた料金は、毎年1月~12月の利用実績を基に、翌年度(翌年4月~翌々年3月)の適用料金を決定します。

その他送金サービス

取扱内容 旧料金※1
(2019年3月31日まで)
新料金※1
(2019年4月1日から)
通常払込み※2 窓口 5万円未満 130円 200円
5万円以上 340円 410円
ATM 5万円未満 80円 150円
5万円以上 290円 360円
電信振替 ゆうちょBizダイレクト 該当なし (新設)100円
他行振込 ゆうちょBizダイレクト 5万円未満 該当なし (新設)216円
5万円以上 該当なし (新設)432円
自動払出預入※3
(2022年3月31日まで)
10万件超 25円 年間100万件以上 38円
年間10万件以上 49円
10万件以下 30円 年間10万件未満 65円
簡易払(配当金領収証) 支払総額×(8.22/1,000)
+配当領収証枚数×5円
支払総額×(10.8/1,000)
+配当領収証枚数×11円
取扱内容 旧料金※1
(2019年3月31日まで)
通常払込み※2 窓口 5万円未満 130円
5万円以上 340円
ATM 5万円未満 80円
5万円以上 290円
電信振替 ゆうちょBizダイレクト 該当なし
他行振込 ゆうちょBizダイレクト 5万円未満 該当なし
5万円以上 該当なし
自動払出預入※3
(2022年3月31日まで)
10万件超 25円
10万件以下 30円
簡易払(配当金領収証) 支払総額×(8.22/1,000)
+配当領収証枚数×5円
取扱内容 新料金※1
(2019年4月1日から)
通常払込み※2 窓口 5万円未満 200円
5万円以上 410円
ATM 5万円未満 150円
5万円以上 360円
電信振替 ゆうちょBizダイレクト (新設)100円
他行振込 ゆうちょBizダイレクト 5万円未満 (新設)216円
5万円以上 (新設)432円
自動払出預入※3
(2022年3月31日まで)
年間100万件以上 38円
年間10万件以上 49円
年間10万件未満 65円
簡易払(配当金領収証) 支払総額×(10.8/1,000)
+配当領収証枚数×11円
  1. 料金には消費税(地方消費税を含みます)が含まれます(2019年3月現在)。
  2. 振替MTサービス、ゆうちょPay-easyサービスをご利用の場合の料金、公金払込み、公共料金払込み、公庫払込みの料金につきましては、変更はございません。送金人(払込人)様が料金を負担する場合は、受取人(加入者)様からは料金をいただきません。
  3. 年間取扱件数に応じた料金は、毎年1月~12月の利用実績を基に、翌年度(翌年4月~翌々年3月)の適用料金を決定します。

各種商品・サービスの新規受付終了について(2019年3月29日)

 2019年3月29日をもちまして、以下の商品・サービスの新規お申し込みの受け付けを終了いたします。

  • 振替FAX通知サービス
  • 国債等担保自動貸付け
  • 財形貯金担保貸付け
  • 財形年金定額貯金における前厚型による年金のお受け取り
  • 電信現金払(窓口払)
  • スウィングサービス
  • インターネット伝送
  • 自動払出預入
  • 大量振替
  • 給与預入
  • データ伝送
  • 2019年3月29日までに上記商品・サービスにお申し込み済みのお客さまは、一部商品・サービスにつきましては、新規受付終了後も、サービス提供終了まで引き続きご利用いただけます。詳しくは、お近くの郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行へお問い合わせください。

法人のお客さま向け新商品・サービスの開始について

2019年4月1日から、法人のお客さま向けインターネットバンキング「ゆうちょBizダイレクト」、新たな送金サービス「総合振込」・「給与振込」を開始いたします。

ゆうちょBizダイレクトとは

 ゆうちょBizダイレクトとは、残高照会等の各種照会、送金等のオンラインサービス、総合振込や給与振込等の伝送サービスを利用できる、法人のお客さま向けのインターネットバンキングです。
 各種照会等が可能なゆうちょダイレクトと、データ提出にお使いいただけるインターネット伝送の2つのサービスの機能を兼ね備えています。

ゆうちょBizダイレクト イメージ

 ゆうちょBizダイレクトの開始に伴い、新たな送金サービス、総合振込・給与振込の提供も開始します。

総合振込・給与振込とは

 他の金融機関あて振込等が可能になるなど、これまでの自動払出預入、大量振替や給与預入がさらに便利になった新しい送金サービスです。
 総合振込は事業主様の振替口座から一度に多数の口座に送金ができます。
 給与振込は、用途を給与・賞与の送金に限定しているため、総合振込よりも安価に利用できます。

 ゆうちょBizダイレクトおよび総合振込・給与振込の開始に伴い、2022年3月31日をもちまして、インターネット伝送、自動払出預入、大量振替および給与預入のサービスを終了します。
 引き続きインターネット回線を利用して大量の送金等を行うサービスをご利用になるお客さまは、後継のサービスとなるゆうちょBizダイレクト、総合振込および給与振込等のお申し込みが必要となります。詳しくは、お近くのゆうちょ銀行へお問い合わせください。

ページの先頭へ