ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょマネーガイドゆうちょの新社会人応援! > 「できる人になる」考え方

「できる人になる」考え方

英語より日本語の勉強に力を入れる

仕事でもっとも多用する ビジネススキルは、日本語です。

若い人でも、正しい日本語を使いこなせるだけで仕事ができる人と思われますし、目上の人と接するときの緊張も少しはやわらぐものです。ビジネスの世界ならではの言い回しや、尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い分けは、入社後、最初に訪れる難関でしょう。これからは英語の時代と思いがちですが、まず日本語を学びなおす方が優先順位は高いのです。

「感謝の気持ち」はすぐ「声」に出そう

「ありがとう」の精神は波及し、周囲を快適な空間に変えます。

人は支え合って生きています。特に「ありがとう」は、人間関係を円滑にするマジックワード。心で思うだけでは相手に伝わりません。積極的に口に出すことで、お互いの心象がよくなります。周りの雰囲気がよくないときは、あなたの笑顔と「ありがとう」をきっかけに連鎖反応を起こしてみてください。環境はあなた自身で変えられるのです。

「素直さ=愚かさ」でもあると知る

素直に聞く姿勢だけでなく、物事を逆読みする能力も必要です。

世の中に完璧な情報などありません。大事なのは自分が本当に納得できるかどうか。普段の生活の中で、あらゆる角度から情報を集めて自分なりの判断を下すという能力を鍛えることが大切です。もしあなたが情報に振り回されない分析力とアンテナを身につけることができれば、上司からも一目置かれる存在になれるでしょう。

名刺交換不要な出会いを見つけよう

違う世代、業界、ポジションにいる人との交流が、人間力を育てます。

視野を広げ、見聞を深めるには、異なる世界の人たちに多く接することが何よりの近道。現在はSNSを活用した交流も非常に盛んです。それが苦手であれば、まずは地域交流や趣味の集まりといった、人間関係が密な交流をたくさん経験してください。交流の幅を広げ、興味を持った人とじっくり話して、自分の知らない世界を学びましょう。

毎週2冊の本を読もう

若い時の読書は、人生のテーマ探しの旅と同じです。

人生のテーマが定まらないうちは、ビジネス書に限定せず、なるべく幅広いジャンルの本に触れてみましょう。本を読む人ほど、世界観が広がり、想像力が鍛えられ、知識が高まります。読書によって磨かれていく人間力は、いずれあなたの大きな武器となるはずです。

いま読んでおきたいおすすめ本を、特選ブックでご紹介しています。

他の記事も見る
スぺシャルメッセージ 吉田麻也 選手
スぺシャルメッセージ 鈴木誠也 選手
新社会人のお仕事マナー Vol.1 身だしなみ
新社会人のお仕事マナー Vol.2 言葉遣い
新社会人のお仕事マナー Vol.3 基本的な作法
お願い上手の秘訣は伝え方が9割
いい空気の 作り方
テキパキこなせる人の 準備術
入社までに読んでおきたい特選BOOK
社会人のおサイフ事情
新社会人のための 1年で50万円 貯蓄作戦会
ページの先頭へ