ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょマネーガイド > 知ってる人は始めてる! 今こそ資産運用

資産形成編知ってる人は始めてる!

今こそ資産運用

"超低金利・インフレ"を、どう乗り切る?

“超低金利”時代という言葉を、新聞やテレビで見聞きしたことはありませんか?日銀の統計によると、普通預金の平均金利は2016年10月から年0.001%※1で推移しています。一方で物価はというと、日銀は「2019年度頃に消費者物価上昇(インフレ)率年率2%の達成を目指す」としています。

こうした時代が到来すると、例えば預貯金の金利が0.001%なら、100万円のお金は一年後、100万10円に。対して物価が一年後に2%上昇すると、100万円のモノの価格は102万円に値上がりします。つまり、手元のお金の価値は一年で1万9990円分目減りするのです。 これはあくまで机上の話ですが、超低金利とインフレが進行すると保有しているお金の価値は目減りし、その状況が長く続くと、住宅購入資金、老後資金といった中長期的な資産形成にも大きく影響してくる可能性があります。

※1 出典:日本銀行「金融経済統計月報」 (2017年8月分)

お金の価値低減(例)

知ってる人は始めてる、資産運用

預貯金しても利子は微々たるものなのに、モノの価格は値上がりしていく。そんな時代となった場合の資産づくりとして今、注目したいのが投資信託などによる資産運用です。

資産運用というと、初心者にはハードルが高いと思われがちです。その理由は、金融庁の調査※2にもあるように「まとまった資金がないから」、「投資の知識がないから」、「投資は損をしそうで怖いから」といったことが大半のようです。そんな初心者におすすめなのが「投資信託」です。投資信託には、初心者の不安を払しょくする3つの特長があります。

①少額からはじめられる
通常、株式や債券の投資には、ある程度まとまった資金が必要になりますが、投資信託なら最低投資金額は5千円から1万円※3程度です
②専門家が運用する
どの銘柄に投資するかを初心者の判断で決める必要がないうえに、個人では買えない・買いにくい海外の株式や債券などへの投資も可能です。
③分散投資ができる
「資産の分散効果」といって、国内・海外の株式や債券などの資産に分散して投資することで価格の下落リスクの低減が期待できます。

「投資信託」の3つの特徴

  • ※2 出典:金融庁「国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査」(2016年2月実施)
  • ※3 ゆうちょでは2018年1月以降、つみたてNISAもしくはインターネットでのご利用に限り、毎月1000円から購入可能です。

2018年1月から「つみたてNISA」がスタート!

資産運用を一層、身近にしているのが、「貯蓄から資産形成へ」というスローガンのもと、国が打ち出した税制優遇制度、NISA(少額投資非課税制度)です。

NISAとは、非課税投資枠が毎年120万円、非課税期間が購入してから最長5年間と、非課税投資枠および非課税期間が決まっていますが、購入した株式や投資信託などで得た利益(売却益、配当金、普通分配金)にかかる税金が非課税となる制度です。

2018年1月からは、投資信託などをコツコツと買い増していける「つみたてNISA」がスタートしました。「つみたてNISA」は、非課税投資枠が毎年40万円で非課税期間が20年と長期にわたり、運用の対象となる金融商品の条件が国によって厳しく定められています。
ETF※4を除いて、購入時手数料が無料など、初心者でも低コストで、長期投資のメリットを享受しながら効率的な資産形成が期待できます。

しかしながら注意する点もあります。まず、同一年における非課税口座の開設は1人1口座であり、NISAと「つみたてNISA」を同一年に併用することはできません。また、一度売却すると、その非課税投資枠の再利用および非課税枠の残額を翌年に繰り越すことおよび他の口座との損益通算はできません。当該分配金の再投資を行った場合には、年間投資枠が消費されます。 まずは「いつまでに、どのくらいの資産を作りたいのか」をイメージし、それに合致した国の税制優遇制度をしっかり利用して、計画的に資産形成を進めていきましょう。

※4 ETF: Exchange Traded Funds。
証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指数への変動を目指す商品。

「NISA」と「つみたてNISA」の比較

2018年2月現在

投資信託に関する留意事項について

投資信託は専門家が運用しますが、価格が変動する有価証券に投資するので、高い収益が期待できる一方、 元本割れする場合もあります。運用効果とリスクについてもご納得いくまで、しっかりと情報収集をされてからのスタートをおすすめします。

詳しくはこちら

おすすめ商品・サービス情報はこちら

  • 投資信託
  • NISA
  • 資産運用セミナー
お話をうかがった専門家

横山光昭(よこやま みつあき)さん

家計再生コンサルタント ファイナンシャルプランナー

(株)マイエフピー代表取締役社長。独自の家計再生プログラムで、これまで1万人以上の赤字家計を再生。著書『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)が50万部突破。

ページの先頭へ