ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム株主・投資家のみなさまへ個人投資家のみなさまへ > ゆうちょ銀行の特徴

ゆうちょ銀行の特徴

ビジネスモデル

  1. ■ 郵便局ネットワークをメインに、基本的な金融サービスを広く国民のみなさまに提供
  2. ■ 有価証券をベースに、国際分散投資等を推進し、運用の高度化を推進

顧客 邦銀随一の顧客基盤、身近で信頼のブランド

チャネル 広範な顧客をカバーする圧倒的なネットワーク

商品 基本的な金融サービスを提供

資金運用 有価証券をベースに運用を高度化

顧客

  • ■ 通常貯金口座数 約1億2,000万
  • ■ 家計部門の預貯金に占める当行貯金の割合(推計)は約20%

<家計部門の預貯金に占める当行貯金の割合(推計)>

(2018年3月末)

ゆうちょ銀行 約20% 注

注:ゆうちょ銀行の個人貯金(2018年3月末時点)を、日本銀行「資金循環統計」における家計の預金総額(2018年3月末時点)で除した数値

チャネル

  • ■ 全国約24,000の窓口、約28,800のATMネットワーク

(2018年3月末)

全国各地の店舗数、ATM設置台数

商品

  • ■ 基本的な金融サービスを提供

貯金 送金・支払・海外関連 給与・年金受取り

資産運用 カードサービス ローン・貸付け

資金運用

  • ■ 運用の多様化・高度化への取り組み

運用の多様化・高度化(国際分散投資・リスク分散投資)

今後のビジネス展開

今後のビジネス展開 お客さま本位の良質な金融サービス 「貯蓄から資産形成へ」

※ 認可取得(2017年6月19日)

中期経営計画については、以下のページをご覧ください。

経営戦略

ページの先頭へ