ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょ銀行についてCSR/ESG具体的な取り組み地域社会 > 金融教育

金融教育

金融教育の概要について

経済のグローバル化や電子マネーの普及など、お金に関して子どもを取り巻く環境が大きく変わっている中、青少年がお金のトラブルに巻き込まれるケースが増えています。
このため、いま、社会の各方面から金融教育を求める声が高まっています。地域の中で伸び伸びと育つ子どもたちにお金の大切さを伝え、お金との付き合い方をしっかりと学んでもらうこと、それこそが地域に根ざした金融機関である、ゆうちょ銀行が果たすべき社会的責任(CSR)であると考えます。
ゆうちょ銀行では、小学生・中学生を対象に学校への出前授業等、金融教育を実施しています。オリジナルの教材を使用して、お金の大切さ、お金との付き合い方を伝えることで、子どもたちが正しい金銭感覚を身につけることができるよう育成をお手伝いいたします。

金融教育実施模様

実際の金融教室の模様は以下(日本郵政グループCSRムービー)でご紹介しています。

わかりやすいオリジナル教材

授業では、学年ごとの理解度に合わせたわかりやすいオリジナル教材を使用しています。ここでは実際に使用している教材の一部を掲載しています。

ゆうちょお金のちしき

小学校1・2年生用教材(サンプル)

小学校3・4年生用教材(サンプル)

小学校5・6年生用教材(サンプル)

中学生用教材(サンプル)

出前授業の実施について

ゆうちょ銀行社員が小学校・中学校を訪問し、お金に関する知識等をわかりやすくご説明する出前授業を行っています。
ご希望の場合は、お近くのゆうちょ銀行・郵便局へご相談ください。

これまでの実施状況

小中学校での出前授業や職場体験に合わせた金融教育等を行っています。2014~2018年度の5年間で、全国でのべ約400回実施しました。

Get ADOBE READER

PDFファイルを閲覧するには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

ページの先頭へ