ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょ銀行についてCSR/ESG具体的な取り組み地域社会 > ゆうちょアイデア貯金箱コンクール

ゆうちょアイデア貯金箱コンクール

コンクール概要

「ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」は、これからの社会を担う子どもたちに、貯金箱の作製を通じて、造形的な創造力を伸ばすこと、貯蓄に対しての関心を持っていただくことを目的としています。郵便貯金創業100年を記念して1975年に始めて以来、長い歴史を持つコンクールです。
毎年、日本全国の半数以上の小学校から応募していただき、各小学校での選考、一次審査(写真審査)、最終審査(現物審査)を経て、入賞作品を決定いたします。
また、参加作品1点につき10円を、ゆうちょ銀行から公益財団法人日本ユニセフ協会、JICA(独立行政法人国際協力機構)および公益財団法人ジョイセフに寄附しており、開発途上国で貧困や病気に苦しむ子どもたちのための支援活動に役立てられています。

第43回 ゆうちょアイデア貯金箱コンクール入賞作品の一例

第43回 ゆうちょアイデア貯金箱コンクール入賞作品の一例

全国各地での展示会開催

毎年、全国各地で入賞作品の展示会を開催、入賞者やそのご家族をはじめ、多くの方にご来場いただいています。また、各展示会場では「貯金箱作製ワークショップ」などのイベントを同時開催、小さなお子さまから大人まで楽しめるイベントとなっています。

展示会の模様

↓これまでのコンクールの入賞作品等がご覧いただけます。

ページの先頭へ