ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょ銀行についてゆうちょ銀行オリジナルカレンダー > ゆうちょ銀行オリジナルカレンダー

ゆうちょマチオモイカレンダー2021/北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・長野・新潟・石川・富山・福井 版
作品画像
プロフィール写真
地図
花巻帖 中津万智 (学生)
宝石箱のような思い出のマチ。 美術系の大学でデザインを学んでいます。帰省した際、両親から「行きたいところある?」と聞かれて選んだのが、花巻市の宮沢賢治(みやざわけんじ)童話村「童話村の森ライトアップ」でした。宝石のように輝く夢のような景色は、そのまま私の家族の思い出になっています。
地図
花巻からマチオモイ 花巻桜郵便局長 斉藤聖英
  • 斉藤局長(右から2番目)
  • マルカンデパートのソフトクリーム
  • 宮沢賢治の詩碑から見られる風景

花巻市内の「マルカンデパート」は、昭和の時代の大食堂がそのままの姿で残っています。名物ソフトクリームは高さ25cm以上の10段巻、割り箸ですくって食べるのが花巻スタイル。
夜の「宮沢賢治童話村」を訪れると、光と自然が織りなす幻想的な世界観を体験できます。多数の温泉が集まる「花巻温泉郷」も自慢です。泉質もさまざま。宮沢賢治や高村光太郎(たかむらこうたろう)が愛した名湯もあり、四季折々の美しい景色が広がります。

ページの先頭へ