ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームお知らせ(2015年度) > 【重要】ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行)を装ったフィッシングメール・サイトにご注意ください

お知らせ

商品・サービス

2015年05月15日

【重要】ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行)を装ったフィッシングメール・サイトにご注意ください

(2015年05月18日に一部内容を変更して掲載しております)

 最近、ゆうちょ銀行のインターネットサービス「ゆうちょダイレクト」を装い、お客さま番号・ログインパスワード・インターネット用暗証番号等を盗もうとする(いわゆるフィッシング詐欺)メールおよび架空のWebサイトが発見されました。
 このようなメールが届いても、お客さま番号・ログインパスワード・合言葉・インターネット用暗証番号の入力は絶対に行わないでください。
 万一、入力された場合には、早急にログインパスワード・合言葉・インターネット用暗証番号の変更を行っていただきますようお願いいたします。

 なお、ゆうちょ銀行から、メールでお客さま番号・ログインパスワード・合言葉・インターネット用暗証番号を照会することは一切ありません。不審なメールを 受け取られた場合には、安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず、下記のゆうちょコールセンターまたは「不審なメール通報窓口」にご連絡ください。

(参考1)送られてきたメールイメージ

※メール内のURLをクリックすると、次に参考2にあるフィッシング詐欺サイト画面が表示されます。

差出人アドレスは、ゆうちょ銀行らしきメールアドレスに偽装されています。メールに表示されているURLは、正規のゆうちょダイレクトのURLと同一ですが、フィッシングサイトへ誘導する偽のURLが設定(「http://www.huijia1●●.cn/js/index.htm」など)されています。

(参考2)フィッシング詐欺サイトイメージ

フィッシングサイトは、正規のゆうちょダイレクトに似せたURLの後ろに不審な文字列が追加されています。正規サイトであれば、事前に登録した質問が表示されますが、3種類の質問を選択させ、合言葉の入力を促しています。他にも画面が追加される可能性があります。合言葉などを入力した後は、正規のゆうちょダイレクトのエラー画面が表示されるため、フィッシングサイトで入力したことが気づきにくくなっています。

(参考3)その他、これまでの発生事例等も下記ページでご紹介しておりますので、ご覧ください。

 不審なメールを受信された方は、下記の「不審なメール通報窓口」あてに受信したメールを添付ファイルとして転送ください。

 なお、お送りいただくお客さまのお名前、ご連絡先等の個人情報は不要です。

不審なメール通報窓口

【お客さまのお問い合わせ先】
ゆうちょコールセンター 0120-108420
〔受付時間 平日 8:30~21:00
土・日・休日・12/31~1/3 9:00~17:00〕
※携帯電話、PHS等からもご利用いただけます。
※IP電話等、一部ご利用いただけない場合があります。
ページの先頭へ
ページの先頭へ