ページの先頭です。

6つのスキップメニューです。
このページの本文へ
関連ページのメニューへ
サポートメニューへ
カテゴリメニューへ
企業情報メニューへ
ホームへ

本文の先頭です。

お知らせ

2013年04月26日

2014年1月から日本版ISA(少額投資非課税制度)がはじまります。
~ご相談はお近くのゆうちょ銀行または投資信託取扱郵便局で~

 2014年1月から日本版ISA(少額投資非課税制度)がはじまります。

 日本版ISA(少額投資非課税制度)は、個人投資家が利用できる投資信託や上場株式等のための非課税制度のことです。
 投資信託等から得られる所得への課税は、2013年12月末で現在の軽減税率10%が終了し、2014年1月から本来の20%に戻る予定です。(復興特別所得税を加えた場合10.147%から20.315%になります。)
 これに代わってはじまる日本版ISAを利用することで、毎年100万円までの投資額から得られる譲渡(売却)益や配当(分配金)が最長5年間で最大500万円まで非課税になります。
※英国のIndividual Savings Account(個人貯蓄口座)を参考にした制度であるため日本版ISAと呼ばれています。

 日本版ISAをご利用いただくには、住民票の写し等や所定の申請書類をご提出いただき、日本版ISAの非課税口座を開設する必要があります。
 ※非課税口座の開設手続の詳細は、2013年6月以降ご案内できる予定です。

 制度の詳細は、ゆうちょ銀行または投資信託取扱郵便局でご案内しておりますので、是非お近くの店舗でご相談ください。

 

 

1 日本版ISAのポイント

(1)非課税対象

日本版ISAの非課税口座で購入した公募株式投資信託等の譲渡(売却)益や配当(分配金)
※対象には公募株式投資信託のほかに上場株式が含まれますが、ゆうちょ銀行または投資信託取扱郵便局では公募株式投資信託のみのお取り扱いとなります。

(2)非課税期間

購入してから最長5年間
※期間中、売却は自由にできますが、売却部分の投資枠を再利用することはできません。

(3)非課税投資枠

毎年100万円まで(最大500万円)
※投資を行なわなかった非課税投資枠を翌年以降へ繰り越すことはできません。

(4)対象の方

口座を開設する年の1月1日時点で、日本国内にお住まいの20歳以上の方

(5)投資可能期間

投資可能期間(非課税口座を開設することができる期間)は、2014年から2023年までの10年間

 

2 日本版ISA制度の概要イメージ

日本版ISA制度の概要イメージ図

 

3 その他

・日本版ISAの非課税口座と他の口座との損益通算はできません。

・非課税口座の開設には、2013年1月1日時点の住所がわかる住民票の写し(発行から6ヶ月以内のもの)等が必要です。

・非課税口座は、すべての金融機関を通じておひとりさま1口座のみとなります。

 

 

【ご注意】このお知らせは、2013年度税制改正大綱で公表された内容に基づき作成したものです。今後税制改正などが行われた場合、制度の名称(愛称等)や内容が変更となる可能性があります。

 


 

投資信託に関する留意事項

投資信託に関する留意事項については、以下のページをご覧ください。
お申込みに際しての留意事項

関連ページメニューの先頭です。

ゆうちょダイレクト インターネットサービス(毎月第1・第3月曜日の午前0時から午前6時30分までは利用いただけません。)
ゆうちょダイレクト ログイン
スマートフォンはこちら
サービス・新規登録のご案内
ゆうちょ投信WEBプレミア
ゆうちょ投信WEBプレミア ログイン
サービス・新規登録のご案内
重要情報
民営化に伴うお取扱いの変更について
サポート
店舗・ATMのご案内
お問い合わせ
よくあるご質問

金融機関コード:9900