ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームよくあるご質問 > 振り込め詐欺被害者救済法に関するQ&A

振り込め詐欺被害者救済法に関するQ&A

メニュー開閉

「振り込め詐欺被害者救済法」とは、どのような法律ですか。

 「振り込め詐欺被害者救済法」は、正式には「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」といい、平成19年12月21日に公布され、平成20年6月21日に施行されました。
 この法律では、振り込め詐欺等の犯罪に利用された預貯金口座を凍結し、残った資金(口座の残金)を被害者の方に分配することを定めています。
 具体的には、まず、金融機関は捜査機関等からの情報やその他の事情を勘案し、振り込め詐欺等の犯罪に利用された疑いのある預貯金口座の取引を停止(凍結)し、預金保険機構に対し、その口座の名義人が有する口座残高に関する権利を消滅させるための公告(消滅公告)を依頼します。
 次に、預金保険機構は、60日以上の消滅公告を経て、口座名義人の権利が消滅した口座については、預金保険機構のWebサイトにおいて、被害に遭われた方に対する資金の分配を行う旨の公告(分配公告)を行います。
 金融機関は、この分配公告の期間(30日以上)内に、必要な書類を用意し、振込先の金融機関に申請された被害に遭われた方に対し、資金(口座の残金)を分配して返還することになります。

メニュー開閉

振り込め詐欺のほかに、どのような被害が救済の対象になるのですか。

 救済の対象となる犯罪行為は、オレオレ詐欺、融資保証金詐欺、架空請求詐欺および還付金等詐欺のいわゆる「振り込め詐欺」をはじめとする、詐欺その他の人の財産を害する罪の犯罪行為であって、財産を得る方法として、被害者からの預貯金口座等への振り込みが行われたものが対象となり、振り込みが利用されていれば、ヤミ金融の被害も対象となります。

メニュー開閉

郵送や直接犯人に手渡した被害金は、救済の対象になりますか。

 この法律の対象は、被害者から預貯金口座等への振り込みが利用されたものとされているため、郵送や直接犯人に手渡した被害金は、救済の対象にはなりません。

メニュー開閉

救済を受けるためには、どのような手続きが必要ですか。

 被害に遭ったことや振り込みを行ったことを示す資料を添えて、振込先の金融機関に被害回復分配金の支払の申請が必要になります。

メニュー開閉

振込先の口座の残高は、どのようにすれば知ることができますか。

 預金保険機構のWebサイトで口座に関する公告が行われる際に、口座の残高も併せて掲載されます。

預金保険機構
(預金保険機構のサイトを別ウインドウで開きます)

メニュー開閉

被害金を全額返してもらえるのですか。

 被害者であると認定させていただいた方の被害金額を合計し、各人ごとの被害金額に占める割合で口座に残っている資金を按分し、分配することになりますので、被害金の全額が返らない場合もあります。
 なお、口座に残っている残高が1,000円未満の場合または按分した結果1円未満となった場合は、資金の分配は行われません。

メニュー開閉

自宅でインターネットを見ることができない人は、どうすれば良いのですか。

ゆうちょコールセンターまでご相談ください。
ゆうちょコールセンター

メニュー開閉

現在、消滅公告中で、被害回復分配金の支払申請期間になっていませんが、事前に被害回復分配金の支払申請をすることはできますか。

 被害回復分配金の支払申請期間前であっても、被害回復分配金の支払申請をすることができます。
 ただし、この場合、次のことにご注意ください。

  1. 消滅公告の期間中に、対象口座の名義人等から権利行使の届出等があった場合または対象口座が犯罪利用預金口座等でないことが明らかになった場合は、分配公告は行われず、ご提出いただいた申請書は無効となります。
  2. 分配公告が行われることとなった場合、被害回復分配金の支払申請期間中に改めて申請書等を提出していただく必要はありません。
メニュー開閉

被害回復分配金の支払申請をしたいのですが、それまでに準備しておくことはありますか。

 被害回復分配金の支払申請をされる場合は、振り込みをされた日時、振り込みをした場所(金融機関名、支店名)、振込先口座の記号番号、振込先の口座名義人名、振込金額、振り込みをしたときの状況等を総合的に確認させていただきますので、振り込みを行った際の領収書(受領証)や振込明細書または、該当の振り込みが確認できる部分の通帳の写しをご準備ください。
 また、支払申請をされる際は、ご本人さまであることの確認をさせていただくことになりますので、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)の写しもあわせてご準備ください。

メニュー開閉

被害回復分配金の支払申請をしたいのですが、申請が可能な時期になったら、ゆうちょ銀行から連絡してもらえませんか。

 ゆうちょコールセンターにお電話いただき、お客さまの住所氏名、連絡先電話番号、振込先の口座番号等をお伝えください。申請が可能な時期になりましたら当行からご案内いたします。
ゆうちょコールセンター

メニュー開閉

被害回復分配金の支払申請をしたいのですが、代理人でも申請できますか。

 代理人でも申請することができます。
 代理人が申請される場合は、申請人本人の印鑑登録証明書(申請書の申請者の印影と同一のものに限ります。)等が必要となります。
 なお、代理人には、親族、弁護士、法定代理人(親権者、未成年後見人、成年後見人)、ホームヘルパー等の方々がなることができます。

メニュー開閉

振り込んだときの領収書(受領証)や振込明細書が見当たらないのですが、どうすればよいですか。

 申請書の「被害にあわれた状況」の欄に、振込日、振込金額、振込依頼人名および振込明細書を紛失した旨をご記入のうえ、申請書をご提出ください。お申し出いただいた内容で、振り込みの有無を調査させていただきます。
 ただし、お客さまにおいて振込時期等が不明な場合は、当行でお調べすることができない場合もございますのでご了承ください。

メニュー開閉

支払申請期限が過ぎてしまったのですが、受け付けてもらうことはできますか。

 支払申請期限を過ぎてからの支払申請は受け付けることができません。
 必ず支払申請期間中に支払申請をしてください。

ページの先頭へ
ページの先頭へ