ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょ銀行についてプレスリリース(2008年度) > 第33回「私のアイデア貯金箱」コンクールの開催について

プレスリリース

商品・サービス

2008年06月24日

第33回「私のアイデア貯金箱」コンクールの開催について

 株式会社ゆうちょ銀行(東京都千代田区、取締役兼代表執行役会長CEO 古川洽次、以下「ゆうちょ銀行」)は、下記のとおり「私のアイデア貯金箱」コンクールを開催いたします。
「私のアイデア貯金箱」コンクールは、貯金箱の作製を通じて、次代を担う子どもたちの貯蓄に対する関心を高めるとともに、造形的な創造力を伸ばすこと等を目的としており、昭和50年の第1回開催以来、たくさんの方にご参加をいただいて参りました。
昨年度については、民営・分社化に向けた準備作業に万全を期すため、やむを得ず休止しましたが、本年度は、応募方法等を変更し、装いも新たに開催することとしました。
詳細については、別紙の実施要綱をご参照ください。

1.募集期間 2008年8月25日(月)から同年9月16日(火)まで
2.応募資格 小学生(日本国内の小学校在籍者に限ります。)
3.応募方法 1. 2008年6月26日(木)以降、全国の小学校あてに応募キットを送付させていただき
ます。
2. 応募される方は、作品を所属する学校にご提出ください。
3. 各所属校は、応募作品の中から各学年代表1点を選定し、作品をデジタルカメラで
撮影のうえ、本コンクールのホームページからご応募ください。
4.入賞発表 2008年11月下旬(予定)
5.その他 参加賞の代わりとして、ご応募いただいた作品(学校に提出された作品)1点につき、
ゆうちょ銀行がユニセフに30円を寄付いたします。
また、ご応募いただいた方には、入賞発表後、「感謝状」及び発展途上国等に暮らす
子どもたちの現状を描いた下敷き仕様のシートをお送りします。

(参考:前回と今回の応募方法等の主な違い)

前回(2006年度) 今回
応募方法 学校単位で現品を最寄りの郵便局へ持参 校内審査終了後、デジカメ画像によりホーム
ページから応募
審査方法 日本郵政公社支社ごとの地方審査を経て
中央審査を実施(共に現品審査)
ご応募いただいた校内代表作品について、専門
のスタッフによる一次審査(デジタル審査)を
経て現品による二次審査を実施
参加賞 色鉛筆、鉛筆削り、見え消しマーカー 等 参加賞の代わりとして、応募作品1個につき30
円をユニセフに寄付。参加者には感謝状と下敷
き仕様のシートを進呈
報道関係の方のお問い合わせ先
株式会社 ゆうちょ銀行
コーポレートスタッフ部門広報部(報道担当)
電話:03-3504-4440(直通)
FAX:03-3580-6799
お客さまのお問い合わせ先
私のアイデア貯金箱コンクール事務局
0120-296285
ご利用時間 平日 9:00~19:00(土・日・休日を除く)
ページの先頭へ
ページの先頭へ