ゆうちょ銀行

「親しみやすすぎるATM」篇

ストーリー

SE:

自動ドアの開く音

 

男:

えーっと、ATM、ATMっと・・・。

 

ATM:

通帳かカードをよろしくでーす

 

男:

えっ なにこのATM

 

ATM:

だから、通帳かカード

 

男:

なんか馴れ馴れしくない?

 

ATM:

うちら、いちばん身近なATM、自称してるんで!

 

男:

なんか逆に距離感じちゃったけど・・・

 

ATM:

そんな冷たいと、暗証番号、読み上げちゃうぞ〜、4・7・2

 

男:

ちょ、やめてよ

 

ATM:

はい、ATMジョークでーす。

 

男:

なんだよそのATMジョークって。

 

ATM:

で、今日はどうしよっか?
お引き出し系?お振込み系?

 

男:

お、お引き出し系で。

 

ATM:

かしこまりまりー

 

男:

全然かしこまってないじゃん

 

ATM:

でさ〜、いくら下ろすの?

 

男:

2万円。

 

ATM:

じゃ、手数料800万円いただきま〜す!

 

男:

たかっ!

 

ATM:

はい、ATMジョークでーす!
手数料はかかりませーん!

 

 男:

おー、よかった。よかった。
じゃあ、お金を。

 

ATM:

え、なんなの。私たち、お金だけの関係なの?

 

 男:

え、いや、それは・・・

 

ATM:

フーッ!!ATMジョークでーす!!(F.O.)

 

NA:

こんなに馴れ馴れしくはないけれど。
ゆうちょのATMは、もっと便利に、あなたの身近に。
ゆうちょ

 

このページをJavascriptで閉じます。Javascriptを有効していない方はブラウザの閉じるボタンで閉じてください