ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょ銀行について取り組み・活動 > CSR活動への取り組み

CSR活動への取り組み

ゆうちょ銀行では、本来有する社会的役割の重さにかんがみ、CSR(企業の社会的責任)を経営上の最重要課題のひとつとして位置づけています。今後とも、「最も身近で信頼される銀行」を目指し、企業としての社会的責任を果たしてまいります。
※CSR:Corporate Social Responsibility

CSRの基本方針

~コンセプト~

事業の遂行において、お客さま、株主の皆さま、社会、環境、社員に、よりよい価値を提供することで、「あらゆる人が自分の豊かさを追求することができる社会」の持続的発展に寄与すること

~具体的な取り組みのテーマ~

ゆうちょ銀行では、CSR活動を推進するために、重点的に取り組むべきテーマを設定しています。テーマを設定するにあたっては、社会的な要請に応え、私たちの業務の特性をいかすことで、社会の基盤づくりに貢献できる事柄を選定しています。

CSRの基本方針 テーマ

CSR推進態勢

ゆうちょ銀行では、CSRの重要性に鑑み、経営会議の諮問機関として、CSRに関する専門的な協議を行い、所管部署からの報告を受けるため、CSR委員会を設置しています。
また、CSR委員会のもと、各担当部署がCSRに関する施策を実施し、広報部がその取りまとめや推進を図っています。
このように、全社的な態勢を構築し、会社をあげてCSR活動に取り組んでいます。

CSRの基本方針 具体的な取り組みのテーマ

CSRレポート

ゆうちょ銀行のCSRレポートをご覧いただけます。

このレポートでは、ゆうちょ銀行のCSRに対する考え方と、主な取り組みをご紹介しています。

※ESG情報も掲載しています。

レポートに関連するページのご紹介

CSRレポートでご紹介している、ゆうちょ銀行の今後のビジネス展開の「3つの基軸」については、以下をご覧ください。

安心のサービス

環境

ゆうちょダイレクト+(プラス)について

ゆうちょ エコ・コミュニケーション(環境保全団体への寄附)

環境情報誌「未来の地球を守るエコ貯金やってみよう!」(PDF/8,050KB)(PDFファイル)

未来の地球を守る エコ貯金やってみよう!

<参考>ゆうちょ銀行 エネルギー使用量等データ

エネルギーの使用に伴って発生する二酸化炭素排出量(t-CO2)(※1) エネルギー使用量(原油換算kl) エネルギーの使用に係る原単位(※2) 対前年度比(エネルギーの使用に係る原単位)(%)
2010年度 70,191 36,421 0.06903
2011年度 51,706 33,241 0.06297 91.2
2012年度 60,472 32,238 0.06001 95.3
2013年度 58,614 27,806 0.05295 88.2
2014年度 55,516 26,358 0.05129 96.9
2015年度 49,748 25,995 0.05044 98.3
2016年度 51,666 26,500 0.0515 102.1

※1 二酸化炭素排出量とは、エネルギー種別ごとに決められた排出係数をそれぞれのエネルギー使用量に乗じて、すべてを合計したもの。

※2 エネルギーの使用に係る原単位とは、エネルギー使用量の原油換算合計を企業が有している総延床面積の合計で除したもの。

ダイバーシティ・マネジメントの推進

教育

ページの先頭へ