ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームゆうちょ銀行について取り組み・活動CSR活動への取り組み > ダイバーシティ・マネジメントの推進

ダイバーシティ・マネジメントの推進

お客さまのライフサイクルに寄り添い、ニーズにお応えするためには、社員一人ひとりが、個々の多様性を理解し、日々意識しながら行動の改革を起こしていくことが大切です。ゆうちょ銀行では、ダイバーシティ・マネジメントを、経営上の重要課題のひとつとして位置づけ、推進しています。

女性の活躍推進

ゆうちょ銀行では、特に「女性の活躍推進」を重点取組みとし、「企業風土の醸成」「ワーク・ライフ・バランス・マネジメント」「キャリア形成支援」により、能力のある社員が性別に関係なく力を発揮できる環境づくりと人材育成に取り組んでいます。

企業風土の醸成

多様なバックグラウンドの人材が、ともにより良く理解し働ける職場環境を実現するための働き方を行っており、役員はもちろん管理社員が中心となって推進出来るよう、様々な啓発施策を実施しています。

【主な取組み】

○本社等幹部社員向けセミナー

本社等幹部社員向けセミナー

○eラーニング(全社員対象)への情報掲載

 自宅からでもアクセス可能なeラーニングサイトに、出産・育児に役立つ情報や、職場復帰後の仕事・マネジメントに活かせるコンテンツ、管理社員向けの研修内容等を掲載し、理解促進、意識啓発に役立てています。

出産〜育児お役立ちコーナー

勉強コーナー

○イクボスの育成・強化

 社員一人ひとりが働き甲斐、生き甲斐を感じられる職場を実現するには、「イクボス(注)」の存在が不可欠と考えており、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパンが主催するイクボス企業同盟に加盟し、イクボスの育成・強化を図っています。

(注)「イクボス」とは、職場で共に働く部下・職場スタッフのワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理社員)のことを指します。

ワーク・ライフ・バランス・マネジメント

社員一人ひとりが主体的・自律的に「仕事」と「生活」の両立を図る仕組みづくり、働き方の見直しおよび時間外労働の削減に取組んでいます。

【主な取組み】

○育児・介護に関する各種支援制度

 様々なライフステージごとに、育児・介護休業法などで定められた基準を上回る、「仕事」と「生活」の両立を図るための支援制度を整えています。

両立支援制度の利用状況

(参考)両立支援制度の利用状況

2014年度 2015年度 2016年度
育児休業取得者 351人 352人 389人
  うち男性取得者 16人 15人 25人
子の看護休暇取得者 419人 481人 544人

(参考)「くるみん」企業認定

くるみん

当行は、一般事業主行動計画を策定し、仕事と家庭の両立に取組んできた結果、2010年以降、3期にわたり、「子育てサポート企業」として厚生労働省から認定を受け、「次世代認定マーク(くるみんマーク)」を取得しています。
2015年4月からは第4期の取組みを行っており、仕事と家庭の両立支援の充実に向けた各種施策を実施しています。

○各種セミナーの開催

 ワーク・ライフ・バランスに関する各種セミナーを開催し、社員が育児・介護と仕事を両立させるためのサポートを行っているほか、社内研修においてもワーク・ライフ・バランスに関する講義を行い、意識啓発を行っています。

  • 育児休業からの復帰者向けセミナー
  • 仕事と介護の両立セミナー
  • ワーク・ライフ・バランスセミナー

職場復帰セミナー

○働き方の見直し

  休暇の計画的な取得や、リフレッシュデー(定時退社日)の推進により、メリハリをきかせ、生産性や付加価値の高い仕事をすることに努めています。

キャリア形成支援

社員自らが将来のありたい姿を考え、それに向けたプランを自身で考え実行していくためのセミナーなど、気づきや学びの機会の提供により、キャリア形成を促しています。

【主な取組み】

○キャリア開発・意欲向上のためのセミナー

 女性社員を対象に、自らのキャリアや働き方を考える機会として、同じようなライフイベントを迎えた社員同士のディスカッション、先輩社員との座談会のほか、外部の講師による講演等を、全国各地で実施しています。

○管理社員候補者に対する研修(※1)

 将来の管理社員候補者を育成するとともに、先輩管理社員との座談会やメンタリング等を実施しています。

○メンター制度(※1)(※2)

 社員に対して将来的な成長も見据えた、幅広いフォローを行っています。

※1 性別によらず、対象者に対して実施。

※2 人材育成の手法の一つで、先輩が対話や助言(メンタリング)によって本人の成長を支援すること。

社内の推進体制

○ゆうちょダイバーシティ・コミッティ

 代表執行役社長をトップとし、育児経験や管理職経験など、さまざまな経歴を持つ全国各店所等のメンバーによって構成される委員会です。
 ダイバーシティ・マネジメント推進にかかる、全社的かつ各拠点の環境を考慮した方針・施策の検討・提言を行っています。

○エリアダイバーシティ・コミッティ

 全国13エリアにおいて、女性の活躍推進や、働きがいのある職場の実現を目指し、エリアごとの課題や実情に沿ったセミナーやイベント等を行っています。

女性活躍推進法に基づく取組み

ゆうちょ銀行は、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、「女性活躍推進法」という。)に基づく「一般事業主行動計画」を策定し、次のとおり数値目標を設定しました。

【目標】

2021年4月1日までに、管理社員に占める女性割合を14%以上にする。

(参考)役員・管理社員に占める女性割合

  割合
役員 13.9% ※1
管理社員 11.5% ※2

※1 2017年7月1日時点

※2 2017年4月1日時点

なお、女性の活躍・両立支援総合サイト内の「女性の活躍推進企業データベース」において女性活躍推進法に基づく「情報公表」および「行動計画の公表」を行っています。

女性の活躍推進企業データベース

(厚生労働省のサイトを別ウインドウで開きます)

対外的な活動

1.「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の「行動宣言」

 ゆうちょ銀行 取締役兼代表執行役社長 池田 憲人は、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同し、本会に参加しています。

(参考)「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」について

 2014年3月28日、首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが拡がっています。このような中、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言がとりまとめられました。

2.NPO法人J-Winへの参加

 ゆうちょ銀行は「特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク」(NPO法人 J-Win)へ参加し、社内女性人材の育成及び他社とのネットワーク形成を図っています。

女性の活躍推進企業データベース

(特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワークのサイトを別ウインドウで開きます)

3.一般社団法人ジャパンダイバーシティネットワークへの参加

 ゆうちょ銀行は「一般社団法人ジャパンダイバーシティネットワーク」(JDN)へ参加し、女性の活躍推進を通じてダイバーシティの推進に取り組み、ネットワークの形成を図っています。

障がい者の雇用促進

 ゆうちょ銀行では、障がい者雇用を積極的に進めており、全国各地の事業所において障がいのある社員が活躍しています。
 また、就労意欲のある障がいのある方への就労機会の提供を目的に、「ゆうちょ銀行 ありがとうセンター」を2010年に設立・運営しています。同センターでは、障がいのある方々が、ゆうちょ銀行にご来店いただいたお客さまに感謝の気持ちを込めてお渡しするキャンディの袋詰め作業を行っています。

袋詰めの様子

袋詰めされた飴

(参考)2017年6月1日時点における障がい者の雇用率

  雇用率
ゆうちょ銀行 2.52%
(目標)法定雇用率 2.0%
ページの先頭へ