ゆうちょ銀行

サステナビリティサイト

  1. ホーム
  2. 重点課題とSDGs
  3. SDGs達成に向けた取り組み

SDGs達成に向けた取り組み

日本郵政グループの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求する」ことを掲げて国連総会で採択された世界共通の目標です。2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17の目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットが示されています。
日本郵政グループでは、グループを代表して日本郵政株式会社が国連グローバル・コンパクトに参加し、SDGs達成に向けて取り組んでいます。詳しくは、以下のページをご覧ください。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

ゆうちょ銀行の取り組み

ゆうちょ銀行は、重点課題(マテリアリティ)に設定した「日本全国あまねく誰にでも『安心・安全』な金融サービスを提供」、「地域経済発展への貢献」、「環境の負荷低減」、「働き方改革、ガバナンス高度化の推進」のそれぞれで目標KPIを定め、ESG経営を推進しています。また、全社員向けにESG・CSRに関する研修を実施し、社内における理解浸透を推進しています。
SDGsとゆうちょ銀行の重点課題(マテリアリティ)、取り組み、目標KPIの関係は下記の通りです。

ゆうちょ銀行「中期経営計画(2021年度~2025年度)」におけるESG経営の取り組みと目標KPI

重点課題(マテリアリティ)と
関連するSDGs
課題解決に向けた主な取り組み 目標KPI(2025年度)
日本全国あまねく誰にでも「安心・安全」な金融サービスを提供
3 すべての人に健康と福祉を 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 10 人や国の不平等をなくそう 16 平和と公正をすべての人に
  • 全国の郵便局ネットワークの活用
  • 安心・安全を最優先に、すべてのお客さまが利用しやすいデジタルサービスの拡充
  • オープンな「共創プラットフォーム」の構築
  • お客さまに一層寄り添ったコンサルティング
  • 通帳アプリ登録口座数:1,000万口座
  • つみたてNISA稼働口座数:40万口座
地域経済発展への貢献
8 働きがいも経済成長も 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 10 人や国の不平等をなくそう 11 住み続けられるまちづくりを
  • 多様な枠組みを通じた地域への資金循環
  • 「地域の金融プラットフォーム」として、各地域の実情に応じた金融ニーズに対応
  • 地域リレーション機能の強化
  • 地域活性化ファンド出資件数:累計50件
  • 事務共同化金融機関数:約20金融機関
環境の負荷低減
13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • TCFD※1提言に沿った取り組み強化
  • ペーパーレス化推進、CO2排出量削減
  • ESG投資の推進
  • CO2排出量削減率:▲46%(2030年度目標/2019年度比)
  • ESGテーマ型投資残高:2兆円
働き方改革、ガバナンス高度化の推進
3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう 10 人や国の不平等をなくそう
  • 社員の働きがい向上
  • ダイバーシティマネジメントの推進
  • 柔軟な働き方の拡大、ハラスメントの根絶
  • 独立性・多様性・専門性のバランスの取れた取締役会の構成
  • 女性管理職比率:20%(2026年4月まで)※2
  • 育児休業取得率:100%(性別問わず)
  • 障がい者雇用率:2.7%以上

※1:

Task Force on Climate-related Financial Disclosures の略。気候変動に関する企業情報開示の充実を目的として、主要国の中央銀行・金融監督当局等の代表が参加する金融安定理事会の提言のもと設立された組織。

※2:

日本郵政グループの目標:2031年4月1日の本社における女性管理者比率30%

ESG関連情報