1. ホーム
  2. ガバナンス
  3. 内部監査態勢

内部監査態勢

独立した監査部門による内部監査

ゆうちょ銀行の経営活動の遂行状況および内部管理態勢を検証することにより、健全かつ適正な業務運営に役立てることを目的として、本社に業務執行部門から独立した監査部門を設置し、被監査部署の業務状況などに関する重要な情報を適時・適切に収集する態勢を整備しています。また、投資信託の不適切な取扱いやキャッシュレス決済サービスの不正利用等の問題を踏まえ、お客さま本位の観点でのチェックの追加、監査対象を検討する際のリスク評価機能の強化などに取り組んでいます。
監査部門では、内部監査人協会(IIA)の「内部監査の専門職的実施の国際基準」等に則り、すべての業務を対象に本社各部門、エリア本部、営業所、パートナーセンター、貯金事務センター、印鑑票管理センター、ATM管理センター、貯金事務計算センターおよびクレジット管理センターなどへの監査を実施し、経営活動の遂行状況、コンプライアンスおよびリスク管理を含む内部管理態勢の適切性と有効性を検証しています。さらに、銀行代理業務委託先である日本郵便株式会社に対する監査を実施し、銀行代理業務に関するコンプライアンスおよびリスク管理を含む内部管理態勢の適切性を検証しています。
監査において認められた重要な問題点については、各部署に対して是正および改善に向けた提言を行っています。また、改善状況を的確に把握し、代表執行役社長、取締役会および監査委員会に報告しています。

内部監査体制

内部監査体制図