1. ホーム
  2. 外部からの評価・イニシアティブへの賛同

外部からの評価・イニシアティブへの賛同

ESGインデックス

これまでのESGへの取り組みが評価され、ESGインデックス銘柄に選定されています。

ロゴ:FTSE4Good Developed Index

FTSE4Good Developed Index

FTSE Russell社が作成し、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた企業のパフォーマンスを測定するために設計された「FTSE4Good Index Series」のインデックス。詳しくは、以下のページをご覧ください。

FTSE4Good Index Series

ロゴ:FTSE Blossom Japan Index

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Russell社が作成し、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されたインデックス。詳しくは、以下のページをご覧ください。

FTSE Blossom Japan Index Series

ロゴ:FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Russell社により構築された、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックス。

セクター・ニュートラルとなるよう設計されており、低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI(Transition Pathway Initiative)経営品質スコアにより改善の取組みが評価される企業のみを組み入れている。詳しくは、以下のページをご覧ください。

※:
企業の温室効果ガス排出量及び低炭素への移行に関連するリスクと機会の管理の質を評価するもの。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

ロゴ:MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)

MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)

MSCI社により作成された性別多様性に優れた企業で構成されるインデックス。詳しくは、以下のページをご覧ください。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

THE INCLUSION OF JAPAN POST BANK Co., Ltd. IN ANY MSCI INDEX, AND THE USE OF MSCI LOGOS, TRADEMARKS, SERVICE MARKS OR INDEX NAMES HEREIN, DO NOT CONSTITUTE A SPONSORSHIP, ENDORSEMENT OR PROMOTION OF JAPAN POST BANK Co., Ltd. BY MSCI OR ANY OF ITS AFFILIATES.
THE MSCI INDEXES ARE THE EXCLUSIVE PROPERTY OF MSCI. MSCI AND THE MSCI INDEX NAMES AND LOGOS ARE TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF MSCI OR ITS AFFILIATES.

ロゴ:Euronext Vigeo Eiris World 120 Index

Euronext Vigeo World 120 Index

Euronext社(オランダ)とVigeo Eiris社(フランス)により開発されたインデックス。世界の企業のうちESGの観点で優れた上位120社で構成。詳しくは、以下のページをご覧ください。

Euronext Vigeo World 120 Index

ロゴ:S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数

S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数

S&P社が選定する株式指数「S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数」の構成銘柄に、採用されています。環境情報の開示状況、炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)の水準に着目したものです。詳しくは、以下のページをご覧ください。

S&P カーボン・エフィシェント指数

ロゴ:Morningstar Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt Index (GenDi J)

Morningstar Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt Index (GenDi J)

Morningstar社が作成し、企業のジェンダー・ダイバーシティに関する取組みを評価したインデックス。構成銘柄の企業は、評価に基づいて5つのジェンダー・イクオリティ・グループに区分され、ゆうちょ銀行は5段階中で最も評価の高い「グループ1」に選定。詳しくは、下記のページをご覧ください。

Morningstar Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt Index

Morningstar, Inc., and/or one of its affiliated companies (individually and collectively, "Morningstar") has authorized Japan Post Bank Co., Ltd. to use of the Morningstar Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt Logo ("Logo") to reflect the fact that, for the designated ranking year, Japan Post Bank Co., Ltd. ranks in the top quintile of companies comprising the Morningstar® Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt IndexSM ("Index") on the issue of gender diversity in the workplace. Morningstar is making the Logo available for use by Japan Post Bank Co., Ltd. solely for informational purposes. Japan Post Bank Co., Ltd. use of the Logo should not be construed as an endorsement by Morningstar of Japan Post Bank Co., Ltd. or as a recommendation, offer or solicitation to purchase, sell or underwrite any security associated with Japan Post Bank Co., Ltd. The Index is designed to reflect gender diversity in the workplace in Japan, but Morningstar does not guarantee the accuracy, completeness or timeliness of the Index or any data included in it. Morningstar makes no express or implied warranties regarding the Index or the Logo, and expressly disclaim all warranties of merchantability or fitness for a particular purpose or use with respect to the Index, any data included in it or the Logo. Without limiting any of the foregoing, in no event shall Morningstar or any of its third party content providers have any liability for any damages (whether direct or indirect), arising from any party’s use or reliance on the Index or the Logo, even if Morningstar is notified of the possibility of such damages. The Morningstar name, Index name and the Logo are the trademarks or services marks of Morningstar, Inc. Past performance is no guarantee of future results.

ブルームバーグ男女平等指数(Bloomberg Gender-Equality Index)

ブルームバーグ男女平等指数(Bloomberg Gender-Equality Index)

ジェンダーに関する情報開示と男女平等への取り組みに優れた企業として、「ブルームバーグ男女平等指数(Bloomberg Gender-Equality Index)」に選定*。
*2023年は45の国と地域から484社(うち日本企業15社)が選定されました。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

Resources | GEI (bloomberg.com)

※英語のサイトです。

その他の外部評価

職場の働きやすさ、人権配慮、環境配慮などについて、各種評価を受けています。

ロゴ:プラチナくるみん

プラチナくるみん

「子育てサポート企業」としてより高い水準の取り組みが評価され厚生労働省から2019年2月に認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて

ロゴ:トモニンマーク

トモニンマーク

「仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組む企業」として厚生労働省から認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

「トモニン」を活用して、仕事と介護の両立支援の取組をアピールしましょう!

ロゴ:えるぼし(3段階目)

えるぼし(3段階目)

「女性の活躍に関する取組の実施状況が優良な企業」として評価され厚生労働省から認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

女性活躍企業認定「えるぼし・プラチナえるぼし認定」

ロゴ:健康経営優良法人2022(大規模法人部門) ホワイト500

「健康経営優良法人2023(大規模法人部門) ホワイト500」

経済産業省、日本健康会議から優良な健康経営を実践している法人として認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

健康経営優良法人認定制度

ロゴ:スポーツエールカンパニー

スポーツエールカンパニー 2023

社員の健康増進のためスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業であるとして、スポーツ庁より認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

スポーツエールカンパニー

ロゴ:東京都スポーツ推進企業認定制度(令和4年度)

令和4年度 東京都スポーツ推進企業

社員のスポーツ促進やスポーツ支援に取り組む企業であるとして、東京都より認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

東京都スポーツ推進企業認定制度(令和4年度)

ロゴ:「PRIDE指標」ゴールド

「PRIDE指標」ゴールド

一般社団法人「work with Pride」による、職場におけるLGBTQ+などへの取り組みの評価指標において最高評価を獲得。詳しくは、以下のページをご覧ください。

PRIDE指標について

ロゴ:日経スマートワーク経営調査

日経スマートワーク経営調査 3.5星

働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する「第6回日経スマートワーク経営調査」において、3.5星に認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

日経スマートワーク経営調査

ロゴ:日経SDGs経営調査

日経SDGs経営調査 3.5星

環境・社会・経済の課題解決(SDGsへの貢献)に対する企業としての姿勢と各社で展開するSDGsに関連するビジネスの内容を総合的に調査する「第4回日経SDGs経営調査」において、3.5星に認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

日経SDGs経営調査

ロゴ:建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)

建築物省エネルギー性能表示制度(BELS) 三ッ星

ゆうちょ銀行の一部施設は、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の三ッ星を取得。詳しくは、以下のページをご覧ください。

BELS

Gomez IRサイトランキング2022 銀賞

Gomez IRサイトランキング2022 銀賞

株式会社ブロードバンドセキュリティによる国内上場企業のIRサイトの使いやすさや情報の充実度の評価した「Gomez IRサイトランキング2022」において銀賞を受賞。詳しくは、以下のページをご覧ください。

Gomez IRサイト総合ランキング

大和インベスター・リレーションズ主催の2022年インターネットIR表彰において、「インターネットIR 優良賞」「サステナビリティ部門 優秀賞」を受賞。

大和インベスター・リレーションズ主催の2022年インターネットIR表彰において、ゆうちょ銀行のWebサイトは、特に優秀なIRサイトを構築し、情報開示ならびにコミュニケーション活動で有効に活用しているとして評価されました。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

大和インベスター・リレーションズ|Daiwa IR

大和インベスター・リレーションズ
2022年インターネットIR
優良賞

大和インベスター・リレーションズ 2022年インターネットIR優良賞

大和インベスター・リレーションズ
2022年インターネットIR サステナビリティ部門
優秀賞

大和インベスター・リレーションズ 2022年インターネットIR サステナビリティ部門優秀賞

イニシアティブへの賛同

国際社会からの要請に応え、持続可能な社会の実現に貢献するため、さまざまなイニシアティブに参加・賛同しています。

ロゴ:United Nations Global Compact

国連グローバル・コンパクトへの署名

ゆうちょ銀行は、2023年に国連グローバル・コンパクトに署名しました(グループとしては、親会社である日本郵政株式会社が2008年に署名済)。国連グローバル・コンパクトは、国連と民間(企業・団体)が手を結び、健全なグローバル社会を築くための世界最大のサステナビリティイニシアティブです。当社は、国連グローバル・コンパクトの掲げる、4分野10原則に賛同し、その実現に向けて努力を継続していきます。詳しくは、以下のページをご覧ください。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

United Nations Global Compact

<国連グローバル・コンパクト 4分野10原則>

人権

原則1 国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、

原則2 自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである


労働

原則3 結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持し、

原則4 あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、

原則5 児童労働の実効的な廃止を支持し、

原則6 雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである


環境

原則7 環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、

原則8 環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、

原則9 環境にやさしい技術の開発と普及を奨励すべきである


腐敗防止

原則10 強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである

ロゴ:TCFD

TCFD提言への賛同・TCFDコンソーシアムへの参加

ゆうちょ銀行は、2019年4月、TCFD提言への賛同を表明しました。また、TCFD提言へ賛同する企業や金融機関等が一体となって取り組みを推進する「TCFDコンソーシアム」に参加しています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

TCFD

TCFDコンソーシアム

ロゴ:Capital as a Force For Good

Capital as a Force For Goodへの協力

日本郵政株式会社および株式会社ゆうちょ銀行は、国際連合のプロジェクト「Capital as a Force For Good」に協力しています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

Capital as a Force For Good

ロゴ:PCAF

PCAFへの加盟

ゆうちょ銀行は、2022年1月、投融資先のGHG排出量の測定・開示を標準化することを目的として2015年に発足した、国際イニシアティブ「Partnership for Carbon Accounting Financials (PCAF)」に加盟しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

PCAF

ロゴ:CDP

CDPへの署名
CDPを通じた協働エンゲージメント(ノン・ディスクロージャー・キャンペーン(NDC))への参加

ゆうちょ銀行は、2022年2月、世界の主要な機関投資家と連携して、企業の気候変動対応やGHG排出量に関する開示を推進する活動に取り組む、国際イニシアティブ「CDP」に署名しました。
企業として成功するためには環境の影響について透明性を確保することが不可欠です。私たちは企業に対してCDPのプラットフォームを通して気候変動、フォレスト、水セキュリティについて情報開示するよう呼び掛けています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

CDP

ロゴ:GRESB

GRESBの投資家メンバーへの加盟

ゆうちょ銀行は、2022年から、不動産会社やファンドのESGへの取組みを測る年次のベンチマーク評価を提供する組織である、GRESBの投資家メンバーに加盟しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

GRESB

ロゴ:TNFD

TNFDフォーラムへの参画

ゆうちょ銀行は、2022年9月、自然関連財務情報開示タスクフォース(Taskforce on Nature-related Financial Disclosures:TNFD)フォーラムに参画しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

TNFD

ロゴ:COOL CHOICE

COOL CHOICE(クールチョイス)への賛同

ゆうちょ銀行は、「COOL CHOICE」に賛同しています。「COOL CHOICE」は、CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、政府(環境省)が推進する国民運動です。脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」、「サービスの利用」、「ライフスタイルの選択」など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」をしていこうという取組です。詳しくは、以下のページをご覧ください。

COOL CHOICE

連結子会社の状況

【JPインベストメント株式会社】

ロゴ:PRI

PRIへの署名

JPインベストメント株式会社は、2022年2月、国連が支持している責任投資原則(Principles for Responsible Investment、PRI)に署名しました。

JPインベストメント株式会社

ロゴ:インパクト志向金融宣言

インパクト志向金融宣言への署名

JPインベストメント株式会社は、2022年10月、「金融機関の存在目的は包括的にインパクトを捉え環境・社会課題解決に導くことである」という想いを持つ複数の金融機関が協同し、インパクト志向の投融資の実践を進めて行くイニシアティブである「インパクト志向金融宣言」に署名しました。

JPインベストメント株式会社

評価・受賞実績

これまでもさまざまな取り組みについて評価を受けています。

ロゴ:なでしこ

令和3年度「なでしこ銘柄」

「女性活躍推進」に優れた上場企業として経済産業省、東京証券取引所から選定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」

共働き子育てしやすい企業ランキング2022 第1位

日経xwoman DUALの調査「共働き子育てしやすい企業ランキング2022」において第1位を獲得。詳しくは、下記のページをご覧ください。

※:
記事の全文をご覧いただく場合、日経xwoman会員登録(無料)が必要です

上位32社を発表! DUAL共働き子育てしやすい企業:日経xwoman (nikkei.com)