ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームESG・CSRESG・CSRマネジメント > ESG・CSRの考え方・推進体制

ESG・CSRの考え方・推進体制

ゆうちょ銀行は、直営店や全国の郵便局ネットワーク、ATM等の金融インフラを基盤に全国で事業を展開しており、その活動は社会課題の解決に寄与するものと強く認識しています。 当行では、ESG・CSRについて、事業活動を通じて経営理念の実現を図り、当行および社会の持続可能で健全な成長・発展を確保するための活動と位置づけ、推進しています。

日本郵政グループの一員として

日本郵政グループCSR基本方針

日本郵政グループでは、「日本郵政グループCSR基本方針」のもとCSR重点課題(マテリアリティ)を特定し、事業活動を通じて、グループ一体となって取り組んでいます。
ゆうちょ銀行は、「日本郵政グループCSR基本方針」を踏まえて、「ESG・CSR基本規程」を定め、ESG・CSRの位置づけや定義を明確にしています。

日本郵政グループCSR推進体制

ゆうちょ銀行は、日本郵政グループの一員として、グループCSR連絡会を通じて、グループの方向性や各社の取り組み状況などを共有し、連携を図りつつ、ESG・CSRの推進に取り組んでいます。

ゆうちょ銀行のESG・CSR

コンセプト

〜「やっぱり、ゆうちょ」と言われることを、もっと。〜

お客さまの声を明日への羅針盤とする「最も身近で信頼される銀行」を目指して、
「“新しいべんり”“安心”」を提供し、事業活動を通じて、持続可能な社会・
未来の創造に貢献することで、企業としての持続的成長を確保します

ESG・CSR推進体制

ゆうちょ銀行は、ESG・CSRへの取り組みを経営戦略と一体的に進めるため、2020年4月に経営企画部内にESG室を新設し、従来のCSR委員会をESG・CSR委員会に改組(経営企画部所管)するなど、企業価値向上に向けた取り組みを実施しました。

ページの先頭へ