ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム民営化に伴うお取扱いの変更について郵便貯金・金融商品のお取扱い > 郵便貯金の各種お取扱い

郵便貯金の各種お取扱い

  • 国際ボランティア貯金
  • 郵貯マル優
  • 単票式貯金証書
  • 団体扱い

国際ボランティア貯金

  • 民営化に伴い根拠となる法律が廃止されたことから、平成19年9月末をもちましてお取扱いが終了しました。
  • すでに控除させていただいております寄附金につきましては、郵政民営化法令に基づきまして郵貯・簡保管理機構がNGO(民間海外援助団体)に寄附金の配分を行います。
  • 寄附金の控除をさせていただいておりました通常郵便貯金・通常貯蓄貯金の通帳やキャッシュカードは、民営化後も引き続きお使いになれます。

郵貯マル優

  • 民営化に伴い、郵政民営化法令により新たな郵便貯金の預入ができなくなったこと等により、郵便貯金の利子に対する非課税制度(郵貯マル優)が廃止されました。
  • 民営化時に非課税扱いであった定期性の郵便貯金については、特段のお手続きをすることなく、これまでどおり満期を迎えるまで非課税扱いが継続されます。

単票式貯金証書

  • 民営化前に発行された郵便貯金の貯金証書は、郵貯・簡保管理機構の証書としてそのままご利用になれます(交換のお手続きは不要です)。
  • ゆうちょ銀行で定額貯金・定期貯金・ニュー福祉定期貯金の預入の際にお渡しする証書は、すべて通帳式のものとなります。

団体取扱い

  • 積立郵便貯金において取り扱っておりました「団体取扱い」は、お取扱いいたしておりません。
  • 通常郵便貯金において取り扱っておりました「団体取扱い」は、ゆうちょ銀行に引き継がれた後はお取扱いいたしておりませんが、「多数のお客さまからの預入のお申込み」として個別にお取扱いさせていただきます。
ページの先頭へ