ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さま資産運用・確定拠出年金投資信託知る・学ぶ > 投資信託の購入資金の理解

投資信託の購入資金の理解

投資信託を購入する際に、その資金について、どんなお金なのかを把握しておくことが必要です。

  • 安全に運用しなくてはならないお金か、余裕資金として考えても良いお金か?

    ・安全に運用しなくてはならないお金か、余裕資金として考えても良いお金か?

  • 運用期間はどのくらいか?

    ・運用期間はどのくらいか?

といったことです。

運用期間が短くすぐに使うお金で安全に運用しなければならないお金は、貯金等で運用したほうがよいでしょう。

逆に、長期に運用することができる余裕資金であれば、収益性を追求した投資信託を選ぶことが可能になります。

投資信託に関する留意事項

投資信託に関する留意事項については、以下のページをご覧ください。
お申込みに際しての留意事項(別ウィンドウで開く)

ページの先頭へ