ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さま資産運用・確定拠出年金投資信託知る・学ぶ > 投資信託の種類

投資信託の種類

投資信託にはさまざまな種類があります。

「株式投資信託」と「公社債投資信託」による分類

投資信託はさまざまな金融商品を組み合わせて運用するため、その種類も多様ですが、大きく2つに分けられます。

1つは株式を組み入れて運用することができる株式投資信託、もうひとつは株式を一切組み入れない公社債投資信託です。またいつでも購入できる追加型(オープン型)と購入時期が限定されている単位型(ユニット型)という分け方があります。

※株式投資信託に分類される投資信託の中には、実際には債券を中心に投資をする商品もあります。

「株式投資信託」と「公社債投資信託」による分類

投資対象による分類

「株式を中心に投資をする商品」「債券を中心に投資をする商品」「バランス型」の3つに大きく分けられます。「株式を中心に投資をする商品」は「債券を中心に投資をする商品」よりもリスクは大きく、株式と債券の両方に投資する「バランス型」はその中間に位置します。

バランス型は、様々な銘柄に分散投資するのはもちろんのこと、株式、債券そして不動産投資信託といった値動きが同一ではない資産に投資しますので、分散投資の効果がより一層期待できます。

投資対象による分類

投資地域による分類

投資対象の国・地域でも分類することができます。代表的なものに「国内型」「海外型」、日本を含む世界に投資する「グローバル型」があります。グローバル型は、国内外の株式、債券等の複数資産に分散投資します。

投資地域による分類

投資信託に関する留意事項

投資信託に関する留意事項については、以下のページをご覧ください。
お申込みに際しての留意事項(別ウィンドウで開く)

ページの先頭へ