ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さま資産運用・確定拠出年金国債 > 個人向け国債(変動・10年)の商品概要

個人向け国債(変動・10年)の商品概要

特徴

1 個人の方のみが購入できる国債です。10年満期で、1万円から手軽に始められます。

2 利率が半年ごとに変わり、債券市場の実勢に合わせて資産を運用できます。市場金利が下がった場合でも年0.05%の最低利率が保証されています。

3 発行後1年を経過すれば、償還前に中途換金することも可能です。

※購入の際はご注意ください。
購入された個人向け国債(変動・10年)は、原則として発行後1年間は中途換金できません。詳しくは下記リンク先の「売却・中途換金に関する事柄」をご覧ください。

債券名

個人向け国債(変動・10年)

購入できる方

個人のお客さま

期間

10年

募集時期

毎月募集

購入単位

額面1万円以上、1万円単位

発行価格

100円につき100円

利率(年率)

  • 発行時の利率は発行月、銘柄により異なります(国債募集のお知らせをご確認ください)。
  • 利率は半年毎に変わります(変動金利)。適用利率は「基準金利×0.66」で0.05%を下回る場合は0.05%になります(最低金利保証)。

※利率計算時に用いられる基準金利とは、その時期の10年固定利付国債の実勢金利を指します。

※平成23年6月までに発行された既発債は、発行時の金利設定方法(基準金利-0.80%)のまま変更ありません。

※個人向け国債の購入金額に対する受取利子額は、以下のページで概算額をお調べいただけます。

利払期

年2回(半年ごとに1回)

中途換金の取扱い

  • 発行後1年間(第2回目の利払日の前営業日まで)は換金請求できません。ただし保有者が死亡した場合または災害救助法の適用対象となった大規模な自然現象により被害を受けられた場合は、上記期間経過前であっても中途換金することが可能です。
  • 中途換金するときは、以下の区分に応じた中途換金調整額をお支払いいただきます。
    1. 第2期利子支払日以後に換金する場合
      2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
    2. 初回の利子支払日から第2期利子支払日前までの間に換金する場合
      初回の利子(税引前)相当額×0.79685+経過利子相当額
    3. 初回の利子支払日前に換金する場合
      経過利子相当額
  • 購入時に初回の利子の調整額を払い込まれた場合は、中途換金調整額から初回の利子の調整額を控除いたします。控除する期間は、中途換金禁止期間(発行後1年間)及び中途換金禁止期間明けの1回目の利払日の前日までの間となります。
  • 元利金支払日の「4営業日前から前営業日までの期間」は、換金請求できません。
  • 中途換金代金の受渡日は、換金請求のあった日から起算して4営業日目以降です。

税金の取扱い

  • 受け取る利子は申告分離課税(税率:20.315%)がなされます(非課税制度をご利用の場合を除く)。
  • 利払時に源泉徴収を行います。
重要事項
  • 個人向け国債を購入される場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。
  • 個人向け国債は、預金保険制度の対象外となっております。
  • 募集期間経過後は、購入申込みの取消しはできません。

商号等/株式会社ゆうちょ銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第611号
加入協会/日本証券業協会

ページの先頭へ