ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さま貯金財産形成貯金 > 財産形成定額貯金

財産形成定額貯金

お勤めの方が財産づくりのために、給料やボーナスから天引きで3年以上継続して積み立てる貯金です。

特徴

1一般の預入限度額(1,300万円)とは別枠で、財産形成年金定額貯金および財産形成住宅定額貯金と合算して550万円まで預入できます。

2預入日から1年間は払戻し等ができません。

3転勤された場合でも、転勤先がゆうちょ銀行の財産形成定額貯金を取り扱っている場合には、住所変更のみで引き続き積み立てられます。

4転勤先がゆうちょ銀行の財産形成定額貯金を取り扱っていない場合や別の金融機関の商品で積立を行う場合は、積み立てた財産形成定額貯金の全額を、転勤先で実施している財形貯蓄商品の預入金等に預け替えることができます。

対象者

勤労者の方

据置期間

預入日から起算して6か月

※預入日から1年間は払戻しまたは譲渡はできません。
※3年以上継続して預入していただくことが条件です。

毎月の預入金額

1,000円以上(1,000円単位)

※1口の預入金額は1,000円、5,000円、1万円、5万円、10万円、50万円、100万円または300万円の8種類のうち、預入金額が割り切れる最大の金額が適用されます。
(例:毎月の預入金額が15,000円の場合は、1口の預入金額が5,000円、口数は3口で預入されます)
※毎月とボーナス月等で別々の預入金額を設定することや、預入金額を増額すること等も可能です。

預入限度額

550万円(他の財形商品との合計)

※非財形貯金(通常貯金、定額貯金および定期貯金)の預入限度額とは別枠で預入できます。非財形貯金の預入限度額に余裕のあるときは、その枠を使ってさらに預入できます。

貯金の払戻方法

毎回の預入金額ごとや口数単位で、自由に払い戻すことができます。

利子

半年複利で利子を計算します。

融資制度のご利用

勤労者退職金共済機構や住宅金融支援機構・沖縄振興開発金融公庫による財形持家融資が受けられます。(別途、機構等による審査があります)
融資額は財形貯蓄の合計残高の10倍相当額(最高4,000万円)までです。

補足事項
  • この商品をご利用になるためには、お勤め先の事業所とゆうちょ銀行との間であらかじめ契約が必要です。詳しくは、お勤め先の給与担当におたずねください。
  • 退職された場合に、2年経過するまでの間に転職等に伴う預替えが行われないときは、全部払戻しの請求があったものとして取り扱い、払戻証書を送付します。
  • 急な出費時には、財産形成貯金担保貸付けがご利用いただけます。
ページの先頭へ