ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さまカードサービスクレジットカードJP BANK VISAカード/マスターカードカードセキュリティ > こんな手口で盗まれる〜クレジットカードデータが盗まれるケース〜

こんな手口で盗まれる〜クレジットカードデータが盗まれるケース〜

スキミング

スキマー(※1)と呼ばれる、読み取り装置などにクレジットカードを通すことでクレジットカードの情報(磁気データ)のみを一瞬にして盗み出す手口。

盗んだクレジットカードの磁気データをもとに偽造カードを作成し、不正に利用する被害が発生しています。
スキミング被害は、盗難被害とはちがって、クレジットカード自体は手元にあるため、被害に気付きにくい巧妙な手口です。

※1 スキマーとは
手のひらサイズの小さな機械で磁気データの読み取りを行う機械。

スキミング手口

ゴルフ場、スポーツクラブのロッカーが開けられ、クレジットカードを一時的に抜き取ってスキミングされる。

エステ店、マッサージ店にて、クレジットカードを利用しなくても身体から離れている隙にクレジットカードを一時的に抜き取ってスキミングされる。

財布やJP BANK カードなどの貴重品は手元から離さないようにしてください。
貴重品等をロッカーにあずける際には、「クレジットカード暗証番号」と別の番号でロックしてください。

ページの先頭へ