ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さまカードサービスクレジットカードJP BANK VISAカード/マスターカードカードセキュリティ > クレジットカード暗証番号の管理について〜クレジットカード暗証番号を盗み出す手口〜

クレジットカード暗証番号の管理について〜クレジットカード暗証番号を盗み出す手口〜

クレジットカード暗証番号を盗み出す手口は様々です。
クレジットカード会社や警察官がクレジットカード暗証番号を確認することはございません。

警察官だと思ったら…

1. カフェや居酒屋で財布を盗んだ後、「警察」や「カード会社」を名乗って電話をかけてくる手口。

「不審な人物を捕まえました。Aさんの財布を持っていたが、Aさんで間違いないですか?本人確認の為に、住所、電話…クレジットカード暗証番号を答えてください」
「カード会社へはこちらから連絡しておきますので、紛失盗難連絡は不要です」

お店や携帯電話に直接電話がかかってきますので、ご注意ください。

2. 海外の麻薬取締捜査や職務質問を装った偽警官が身分確認としてクレジットカード暗証番号を聞き出す手口。

「君たち何をやっているんだ。不審だな。麻薬の売買でもしているのではないか?パスポート、財布、クレジットカードをみせなさい。本人確認の為にクレジットカード暗証番号を言いなさい。」

財布・パスポートは無事戻ってきますがクレジットカードは盗まれていますのでご注意ください。

親切な人だと思ったら…

海外でATMを利用している際に、やさしく声をかけてきてクレジットカード暗証番号を聞き出す手口。

「ATMの操作がわからないのですか?私が代わりにやってあげるからクレジットカード暗証番号を言いなさい」

カードはそのまま持っていかれてしまいますのでご注意ください。

本物のATMだと思ったら…

海外では偽のATMが設置され、クレジットカードを入れると吸い込まれてしまうケースがあります。ATMにクレジットカードを吸い込ませた後、タイミングを見計らって親切を装って近付きクレジットカード暗証番号を再度入力させるなどして聞き出そうとします。そして、会員さまが離れた隙にクレジットカードを盗みます。

JP BANK カードが吸込まれたときは当行へご連絡ください。

※紛失・盗難の際はVJ紛失・盗難受付デスクまでご連絡ください。

ページの先頭へ