ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム個人のお客さまカードサービスクレジットカードJP BANK VISAカード/マスターカードカードセキュリティ > フィッシングやなりすましメール・スパイウェアにご注意〜カード会社や各種検索サイト等を装うEメールにご注意〜

フィッシングやなりすましメール・スパイウェアにご注意〜カード会社や各種検索サイト等を装うEメールにご注意〜

JP BANK カード会員番号ご入力の前に

  1. カード会社などを装い、さまざまな案内のEメールを不特定多数の方に送り、偽のホームページに誘導してお客さまのクレジットカード番号、有効期限、暗証番号、住所などの個人情報を入力させるフィッシング詐欺が発生しています。
    誘導先の偽のホームページは、カード会社のホームページに似たデザインやURL(ホームページのアドレス)を使用している場合がございます。
    Eメールに正しいカード会社のURLを記載しながら偽のホームページにリンクしたり、偽のホームページに正しいカード会社のURLを表示するなど、手口が巧妙化しています。
  2. 検索サイトやオークションサイト等を装うEメール詐欺が急増しております。

被害に遭わないためには

  • 当行に代わって、マスターカードインターナショナル、VISAインターナショナル、VJAグループ等がお客さまの個人情報をEメールで伺うことはありません。
  • 「VISA認証サービス」の登録だと偽る場合があります。「VISA認証サービス」や「MasterCard® SecureCode™(マスターカードセキュアコード)」は、JP BANK カード WEBの登録を行なうと自動的に登録となりますので、個別に登録をお願いすることはありません。
  • OS・ブラウザー・Eメールソフトのアップデートをきちんと行ないましょう。セキュリティ上の欠陥を放置しておくと、ホームページを見たり、Eメールを開いただけで、不正なプログラムをインストールされる場合があります。
ページの先頭へ