ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム金融犯罪にご注意ください! > クレジットカードのショッピング枠の現金化について

クレジットカードのショッピング枠の現金化について

クレジットカードのショッピング枠の現金化にご注意ください。

「クレジットカードのショッピング枠を現金化します。」などとうたった広告が、新聞、雑誌、看板、Webサイト等で多く見受けられます。現金化を目的としたこれらの行為は、本来、商品購入やサービス利用の支払いのために設定されている、クレジットカードのショッピングご利用枠を換金する目的で利用させるものであり、ゆうちょ銀行の発行するJP BANK カードの会員規定ではこのような利用は禁止しています。規定で禁止している利用を行った場合は、クレジットカードの利用停止や、退会の手続きをとらせていただくことがあります。また、お客さまご自身が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、利用しないようご注意ください。

ショッピング枠の現金化の事例

ケース1 利用者にブランド店や家電量販店等で換金性の高い商品をクレジットカードで購入させ、手数料を差し引いた金額で商品を買い取る。
ケース2 利用者に自店で販売しているほとんど価値のないもの(例:ビー玉、CD-ROM等)をクレジットカードで購入させ、手数料を差し引いた金額をキャッシュバックする。
ケース3 利用者に自店で販売する買戻しまたは返品特約付き商品をクレジットカードで購入させ、手数料を差し引いた金額で当該特約に基づき商品を買い戻す。
ケース4 現行紙幣・貨幣をクレジットカードで購入する。

※いずれのケースも一時的に現金を手にすることが出来ますが、後日、カードを利用されたお客さまご本人さまが、カードご利用代金をクレジットカード発行会社へ支払わなければなりません。

カード業界では、「ショッピング枠の現金化」排除に向け、関係機関と連携し、できる限りの対応を図っています。

ページの先頭へ