ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム金融犯罪にご注意ください! > 銀行協会職員・警察官・市役所職員を名乗る詐欺について

銀行協会職員・警察官・市役所職員を名乗る詐欺について

銀行協会職員・警察官・市役所職員を装ってお客さまのご自宅に電話をし、現金や口座情報をだまし取るといった詐欺が発生していますので、ご注意ください。

  1. お客さまのご自宅に銀行協会の職員を名乗って電話をし、「郵便局内に不正を働く者がいる。貯金を解約し、警察官にお金を預けて欲しい。」と持ちかけ、お客さまが貯金を解約した後、警察官になりすました者が自宅を訪問して、解約した現金をだまし取るという事件が発生しています。
  2. お客さまのご自宅に警察官を名乗って電話をし、「通帳が偽造されている可能性があるため、口座が凍結されて貯金が引き出せなくなる。新しい口座に入金するので、貯金を引き出し、お金を預けて欲しい。」と持ちかけ、お客さまが貯金を引き出した後、警察官になりすました者が自宅を訪問して、引き出した現金をだまし取るという事件が発生しています。
  3. お客さまのご自宅に市役所の職員を名乗って電話をし、「年金の振込方法が変更になるため、通帳の記号番号と暗証番号を教えて欲しい」と持ちかけ、記号番号と暗証番号を聞き出そうとする事件が発生しています。
  4. そのほか記号番号や暗証番号などを聞き出したうえ、キャッシュカードをだまし取り、預金を不正に引き出そうとする事件も発生しています。

銀行協会職員・警察官・市役所職員が現金やキャッシュカードを預かったり、記号番号や暗証番号を聞いたりすることは一切ありませんのでご注意ください。
万一、銀行協会職員・警察官・市役所職員を名乗る者から、電話や訪問を受けても、絶対に暗証番号や口座情報を教えたり、キャッシュカードや現金を渡したりしないでください。

もし、そのような電話や訪問があったり、現金やキャッシュカードを渡してしまった場合は、下記ゆうちょコールセンターへご連絡ください

【お客さまのお問い合わせ先】

ゆうちょコールセンター 0120-108420
〔受付時間 平日 8:30~21:00
        土・日・休日・12/31~1/3 9:00~17:00〕
※携帯電話、PHS等からもご利用いただけます。
※IP電話等、一部ご利用いただけない場合があります。

ページの先頭へ