ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム金融犯罪にご注意ください! > 盗難通帳等による不正払戻被害の補償について

盗難通帳等による不正払戻被害の補償について

ゆうちょ銀行では、個人のお客さまが通帳等の盗難に遭われ、貯金が当行窓口等において不正に引き出された場合、通常貯金規定等に基づき、被害の全部または一部を補償しております。

ただし、お客さまに重大な過失または過失がある場合などには、補償の対象とならない場合や補償を減額する場合がありますので、通帳、印章等の管理については十分ご注意してください。

1. 不正払戻被害にあった際に補償の対象とならない場合

盗難通帳等により不正に貯金が引き出される被害にあった際に補償の対象とならない場合の事例は、以下のとおりです。

  • お客さまに故意、重大な過失がある場合
  • 当行への速やかな通知、十分なご説明、警察への届出等が行われなかった場合
  • 当行への通知が被害日の30日後までに行われなかった場合
  • お客さまの配偶者さま、二親等以内の親族さま、同居の親族さま、その他の同居人さまなどによる払い戻しの場合
  • お客さまが被害に関する重要な事項について、偽りの説明をされた場合
  • 戦争、暴動など、著しい社会秩序の混乱に乗じた被害の場合

2. お客さまの重大な過失となりうる場合

お客さまの重大な過失となりうる場合とは、注意義務に著しく違反する場合です。重大な過失となりうる場合の事例は以下のとおりです。

  1. お客さまが他人に通帳等を渡した場合
  2. お客さまが他人に記入・押印済みの払戻請求書、諸届を渡した場合
  3. その他お客さまに1および2の場合と同程度の著しい注意義務違反があると認められる場合

※上記1および2については、病気のお客さまが介護ヘルパー等に対してこれらを渡した場合など、やむをえない事情がある場合はこの限りではありません。
(本来、介護ヘルパーは業務としてこれらを預かることはできないため、あくまで介護ヘルパーが個人的な立場で行った場合となります。)

3. お客さまの過失となりうる場合

お客さまの過失となりうる場合の事例は、以下のとおりです。

  1. 通帳等を他人の目につきやすい場所に放置するなど、第三者に容易に奪われる状態に置いた場合
  2. 届出印の印影が押印された払戻請求書、諸届を通帳等とともに保管していた場合
  3. 印章を通帳とともに保管していた場合
  4. その他お客さまに1から3の場合と同程度の注意義務違反があると認められる場合

4. 盗難通帳等による犯罪から大事な貯金を守るには

盗難通帳等による犯罪から大事な貯金を守るためのポイントは以下のとおりです。

  1. 通帳等を他人には渡さないでください。
    また、ゆうちょ銀行・郵便局の社員がお客さまから貯金証書・通帳等をお預かりしたときは、その証として「預り証(兼引換証)」をお渡ししていますので、必ずご確認ください。

  2. 通帳と印章は別々に保管して、一緒に保管(あるいは携帯)しないでください。
  3. 定期的に通帳記帳や残高照会を行い、不正な引き出しが行われていないことを確認してください。

万が一、被害に遭ってしまったら

万が一、盗まれた通帳等によって貯金が不正に引き出されたときには以下のとおりご対応ください。

  1. まずは口座の支払停止手続きを行ってください。
    ※支払停止をする場合はカード紛失センターまたはお近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口にお申し出ください。また、あわせて最寄りの警察署にも被害の申し出を行ってください。

    【ゆうちょ銀行カード紛失センター】

    0120-794889 (ナクシたときはハヤクお届け)(通話料無料)
    海外からのご利用の場合 045-279-6201(通話料有料)
    ※年中無休・24時間受付

  2. 次に被害補償のお手続きを行ってください。お手続きの方法については、ゆうちょコールセンターまたはお近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口にお問い合わせください。

    【ゆうちょコールセンター】

    0120-108420(通話料無料)
    〔受付時間 平日 8:30~21:00
            土・日・休日・12/31~1/3 9:00~17:00〕

ページの先頭へ