ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム金融犯罪にご注意ください! > ゆうちょダイレクトの不正利用に対する被害補償について(個人のお客さま)

ゆうちょダイレクトの不正利用に対する被害補償について(個人のお客さま)

ゆうちょ銀行では、個人のお客さまのゆうちょダイレクトのパスワードなどが不正に取得され、不正に引き出された場合などに、ゆうちょダイレクト規定等に基づき、被害の全部または一部を補償しております。

ただし、お客さまに重大な過失または過失がある場合、補償の対象とならない場合や補償を減額する場合がありますので、ご注意ください。

【お客さまへのお願い】
「取扱確認メールアドレス登録・変更」や「ログインパスワードの変更」を行う際は、セキュリティ向上のため、事前に不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」をご利用ください。
「PhishWallプレミアム」について詳しくは以下のページをご覧ください。

1. ゆうちょダイレクトの不正利用被害にあった際に補償の対象とならない場合

ゆうちょダイレクトの不正利用により貯金が引き出される被害にあった際に補償の対象とならない場合の事例は以下のとおりです。

  • お客さまに故意、重大な過失がある場合
  • 当行への速やかな通知、十分なご説明、また警察への相談等が行われなかった場合
  • 当行への通知が被害日の30日後までに行われなかった場合
  • お客さまの配偶者さま、二親等以内の親族さま、同居の親族さま、その他の同居人さまなどにより引き出された場合
  • お客さまが被害に関する重要な事項について、偽りの説明をされた場合
  • 戦争、暴動など、著しい社会秩序の混乱に乗じた被害の場合

2. お客さまの重大な過失または過失となりうる場合

※お客さまの重大な過失または過失となりうる場合は、個別の事案ごとに異なりますので、個別にお客さまのお話をお伺いさせていただきます。

下記のページで実際に発生した事例をご紹介しております。

万が一、被害に遭ってしまったら

万が一、ゆうちょダイレクトの不正利用によって貯金が不正に引き出された場合には、ゆうちょコールセンターまたはお近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口に被害をお申し出いただき、ゆうちょダイレクト(インターネットサービス)のご利用停止手続を行ってください。 また、被害補償のお手続についても、ゆうちょコールセンターへお申し出ください。

【ゆうちょコールセンター】

0120-108420(通話料無料)
〔受付時間 平日 8:30~21:00
        土・日・休日・12/31~1/3 9:00~17:00〕
※携帯電話、PHS等からもご利用いただけます。
※IP電話等、一部ご利用いただけない場合があります。

※ゆうちょコールセンターの受付時間外のご利用停止手続については下記ゆうちょ銀行カード紛失センターにお申し出ください。

【ゆうちょ銀行カード紛失センター】

0120-794889 (ナクシたときはハヤクお届け)(通話料無料)
海外からのご利用の場合 045-287-1700(通話料有料)
※年中無休・24時間受付

ページの先頭へ